ラレフレ ネタバレ

    

ラレフレ  作者:椋蔵

■あらすじ

日々、突発的な事態が起こらないか想像する妄想系JK小衣優希(いさらいゆうき)。

想像よりも実行あるのみと、イケメン同級生・小出秀人にコクるも即効でNo!。

ラレフレ

人気のない場所で、自分を慰めようと校舎裏のベンチを目指す優希。

そこには美少女愛美に振られたての、クラスメイト相川がすでに座っていた。

今の状況を話す2人だったが、相川が突然「傷、舐めあいますか」の言葉から

ハグして癒されようとしていた優希だが、相川の手が優希の胸に伸びて…。

ラレフレ

>>ラレフレ 立読みはこちら

*「コミスト」トップページに飛びます、ラレフレにて検索して下さい。

ラレフレ

■ラレフレ 妄想ネタバレ

ラレフレ

ラレフレ

無理やり抑えつけられ、ゆっくりと乳房を掴まれる。
体は汗と優希の愛液にまみれて、しっとりと湿る。
優希は身体を小刻みに震えさせる。
腰と腰がぶつかる。
ぐりんぐりんと激しく回転運動を行う。
濡れそぼった肉を蹂躪する。
優希の腰を掴み、力任せに引き寄せる。
突き入れるたびに大量の愛液が飛沫となって飛び散る。
相川は優希の腰元を掴むと自分の腰の動きに合わせて優希の体を揺さぶった。
逞しいチ○コが奥へ向けて入ってくる。
結合部から溢れる水音の粘着性が増していく。
優希の肩が鋭く震える。
ビクンッ! 優希は身体を大きく跳ねさせる。
相川は優希に覆い被さって腰を振りつづける。
テラテラ光るチ○コが、ピンクのオ○ンコに吸い込まれ、また出てくる。
子宮口まで一気に貫いた。
相川のチ○コを強烈な締め付けが襲ってくる。
優希「んん…だっ、ダメぇ…っ!んあ…あぁぁ…ああん…あ…」
優希の中心に弾けるような快感が押し迫る。
じゅぽじゅぽと大きな音を立てて、優希の乳首を吸いまくると、そのたびに乳首はプルプルっと小さく震える。
厳しい締め付けと、蠢くような膣圧、徹底的に快感を与えようとする肉壁。
優希の内部が激しく蠢動する。
優希の身体を揺すり、さらに奥まで肉棒で突き上げる。
腰と腰がぶつかる。
体のぶつかり合う音と、厭らしい水音が辺りを満たす。
相川は尖った優希の乳首を軽く食み、唇で転がした。
優希のオ○ンコは大変な名器のようだった。
腰と腰がぶつかる。
優希の快楽中枢に微かに触れる。
優希は抵抗しようとしても体に力が入らない。
ねちょねちょと音がする。
優希の表情に苦悶が表れる。
勃起している優希の乳首を、指先で軽く弾いてやる。
優希は首を振って拒絶する。
突き入れるたびに大量の愛液が飛沫となって飛び散る。
相川は、勢いをつけて腰を押し込む。
腰を強く固定して、奥深くペニスを埋め込む。
相川は、優希の胸を強く押さえ込んで、身体を引き寄せる。
グイと腰を突き込むと、肉のきしむ感覚がチ○コに伝わる。
結合部から大量の愛液が溢れる。
ギリギリと悲鳴を上げながら蠢動する優希の肉の奥を犯す。
優希がビクッと身を震わせる。
ゆっくり前後し、埋めたまま腰を回す。
小刻みに出たり入ったりしている結合部に透明な愛液が一筋、ねちょねちょと垂れる。
優希「んんンンっ!!あぐっ…」
チ○コが子宮に当たる。
激しく揺さぶられ、強引にチ○コを打ち込まれる。
ズンと突く。
小刻みに出たり入ったりしている結合部に透明な愛液が一筋、くちゃりと垂れる。
ねちょねちょと音がする。
優希「う…う…あう…あ…あう…んっ、んっ、んンン~~…っ!う…う…う…うう…」
優希は大きく身体をのけぞらせ、ビクンビクンと腰を震わせた相川は強制的なピストン運動を送り込む。
激しいピストンでオ○ンコをかき回される。
抜いては埋め、埋めては抜くを何度も何度も繰り返す。
優希の身体をユサユサと振って、いちばん奥へ当てる。
逞しいチ○コが奥へ向けて入ってくる。
二人の結合部からは湿った音が響き始める。
膣壁を感じながら、チ○コを子宮の入り口まで押し込んだ。
押し返すような感触。
相川のチ○コがピンクの入り口に吸い込まれていく。
逞しいチ○コの侵入で、オ○ンコから汁が溢れ出す。
テラテラ光るチ○コが、ピンクのオ○ンコに吸い込まれ、また出てくる。
大量の愛液が優希の太股を伝う。

>>ラレフレ 立読みはこちら

*「コミスト」トップページに飛びます、ラレフレにて検索して下さい。