舞浜有希のイキ顔は部活顧問の俺しか知らない ネタバレ

    

舞浜有希のイキ顔は部活顧問の俺しか知らない  作者:ももしか藤子

■あらすじ

女子陸上部のホープである有希と補欠の翔真は幼馴染

やっと交際をスタートさせたが、未だに進展なしの状態

 

そんなある日、2人きりの部室にていい雰囲気になりかけていたところを

監督に目撃されてしまう。

監督は、有希だけを残し翔真には帰るように命令する。

その翌日から、監督と有希はただならぬ雰囲気を漂わせるようになる。

 

 

>>舞浜有希のイキ顔は部活顧問の俺しか知らない 立読みはこちら

*「コミスト」トップページに飛びます、舞浜有希のイキ顔は部活顧問の俺しか知らないにて検索して下さい。

 

 

■舞浜有希のイキ顔は部活顧問の俺しか知らない 妄想ネタバレ

深く突き入れられ子宮が刺激される。
ぐりんぐりんと激しく回転運動を行う。
鈍い突き上げが<onnnaseiki>を刺激する。
有希「はあああん…んっ!! んぁぁぁ…! ―――――――――んンンっ?!あん… ひっ…!」
有希の膣内の締め付けは強烈に監督を押さえつけて離さない。
有希の乳房を鷲づかみにしてグッと揉んだ。
テラテラ光るチ○コが、ピンクのオ○ンコに吸い込まれ、また出てくる。
有希の快楽中枢に微かに触れる。
腰と腰がぶつかる。
押し返すような感触。
愛液が監督の腹の上にとろりと流れる。
有希の腰を強く抱きとめて、グッと腰を突き出す。
有希は首を振って拒絶する。
結合部から溢れる水音の粘着性が増していく。
有希の腰を掴み、力任せに引き寄せる。
愛液が監督の腹の上にとろりと流れる。
有希を屈服させるように激しく出し入れを繰り返した。
チ○コがその体内に侵入していることを印象づけるように、何度も最奥を叩いてやる。
監督のチ○コがピンクの入り口に吸い込まれていく。
二人の間で緩慢に出し入れされる肉棒が見え隠れする。
結合部から溢れる湿った音が辺りに響く。
チ○コの動きに有希の意識が翻弄される。
監督のチ○コを強烈な締め付けが襲ってくる。
始めはゆっくりとした往復がいつのまにか激しさを増していく。
容赦なく肉棒が送出を繰り返す。
有希の肩が鋭く震える。
強引な送出が快楽中枢を強制的に刺激する。
有希は身体中をこわばらせながら、真っ赤な顔で激しく首を横に振る。
大量の愛液がクリ○リスの下あたりから吹き出してくる。
無理やり抑えつけられ、乳房を掴まれる。
むきだしになった有希の割れ目に肉棒をあてがう。
有希「カリの部分が……中で引っかかってる」
柔らかい膣内で監督のチ○コが締め付けられる。
有希を屈服させるように激しく出し入れを繰り返した。
二人の間で緩慢に出し入れされる肉棒が見え隠れする。
転げ落ちるように快楽の穴底へと向かっていく。
厳しい締め付けと、蠢くような膣圧、徹底的に快感を与えようとする肉壁。
深く突き入れられ子宮が刺激される。
有希「あっ……ああ……お腹が……お腹の中が……」
有希の内部が激しく蠢動する。
チ○コがその体内に侵入していることを印象づけるように、何度も最奥を叩いてやる。
有希「んん………だめ…そんな……」
有希の腰を掴み、力任せに引き寄せる。
有希「あぁぁぁ…んん…く…う…あぐっ…」
濡れそぼった肉を蹂躪する。
敏感な部分を擦り付けられて有希の<onnnaseiki>の湿り気が増してくる。
深く突き入れられ子宮が刺激される。
有希は胸元にもぐっしょりと汗をかき、肩で荒く息をつく。
膣内は激しい伸縮を繰り返す。
ゆっくりとしたペースで送出を繰り返す。
監督のチ○コを受け入れ、感じ始めるたことを心では認められなくても体は反応してしまう。
監督はチ○コを根元まで挿入し、そしてカリの部分まで引き抜くという動作をゆっくりと繰り返す。
有希の足を広げてチ○コを沈めていく。

>>舞浜有希のイキ顔は部活顧問の俺しか知らない 立読みはこちら

*「コミスト」トップページに飛びます、舞浜有希のイキ顔は部活顧問の俺しか知らないにて検索して下さい。