義父のぬるぬるマッサージ~娘のコリを朝からクリクリ~ ネタバレ

    

義父のぬるぬるマッサージ~娘のコリを朝からクリクリ~  作者:九波ヒメヒコ、赤髭

■あらすじ

義父の指が、みさとの秘所に潜り込む

大事な大会前にして、練習中に腰を痛めたみさと

家で母とそんな話をしていると、母の再婚相手である義父が

マッサージの施術を申し出る

腰のあたりをマッサージしてもらうと確かに気持ちよかったが

やがて、その手が内またにまで伸びてオマンコ○あたりを刺激する

その日は際どいところまで触られたが、肝心の腰の痛みは薄らいで

翌朝、義父はみさとの部屋へ勝手に入って・・・

>>義父のぬるぬるマッサージ~娘のコリを朝からクリクリ~ 立読みはこちら

*「コミスト」トップページに飛びます、義父のぬるぬるマッサージ~娘のコリを朝からクリクリ~にて検索して下さい。

■義父のぬるぬるマッサージ~娘のコリを朝からクリクリ~ 妄想ネタバレ

愛液を溢れだす。
透明な愛液がオ○ンコから義父との間に糸を引いて伸びる。
みさとの膣肉がぐちょぐちょと蠢動するのが分かる。
二人の間でチ○コが見え隠れする。
突き入れるごとに飛沫のような粘液がみさとのオ○ンコから吹き出す。
みさとの乳房を鷲づかみにしてグイグイと揉んだ。
みさとの腰を強く抱きとめて、クニュクニュと腰を突き出す。
みさと「ああああ!。凄い、届いてる、届いちゃってるぅぅ!!」
みさと「くぅ…あ…ダメっ、ダメぇぇ…こ…こんな…ふぁ…」
逞しいチ○コが奥へ向けて入ってくる。
みさとのオ○ンコに無造作に出し入れしてやる。
みさとの体が小刻みにヒクヒクと揺れる。
オ○ンコを義父のチ○コが往復する。
みさとの中が、熱く強く蠢くのが分かる。
みさと「…ああう!あああ…もう…だめ…は…ああ…」
みさとは声をあげる。
みさとの体に、ずん、と衝撃が走る。
薄いピンク色をしたみさとのオ○ンコに、グロテクスなチ○コがゆっくりとめり込んでいく。
みさとの体に、ずん、と衝撃が走る。
みさとの膣がぎゅっと締まる。
義父のチ○コを強烈な締め付けが襲ってくる。
チ○コがその体内に侵入していることを印象づけるように、何度も最奥を叩いてやる。
膣壁を感じながら、チ○コを子宮の入り口まで押し込んだ。
テラテラ光るチ○コが、ピンクのオ○ンコに吸い込まれ、また出てくる。
ゆっくり前後し、埋めたまま腰を回す。
みさとは乱れに乱れる。
みさとの体が小刻みにヒクヒクと揺れる。
義父は、一心に腰を振る。
抜いては埋め、埋めては抜くを何度も何度も繰り返す。
みさと「ぁぁ…ぁあ…だっ、ダメぇ…っ!あう…あ…あう…」
律動が緩やかなものへと変わる。
突き入れるごとに飛沫のような粘液がみさとのオ○ンコから吹き出す。
みさとの膣内の締め付けは強烈に義父を押さえつけて離さない。
肉棒の先に、吸い付くようなまとわり付くようなキツい粘膜の感触。
抜けてしまう寸前までチ○コを引き、そして再びゆっくりと埋没させていく。
じゅぽじゅぽと大きな音を立てて、みさとの乳首を吸いまくると、そのたびに乳首はプルプルっと小さく震える。
みさとの乳房を鷲づかみにしてグッと揉んだ。
義父のチ○コがピンクの入り口に吸い込まれていく。
義父は、みさとを激しく突く。
肉のきしむ感覚。
チ○コが子宮に当たる。
勃起しているみさとの乳首を、指先で軽く弾いてやる。
とろりという卑猥な音が鳴り響く。
望まない刺激が、みさとの中心を激しく揺さぶりつづける。
みさとの中にズブリと割り込む。
薄いピンク色をしたみさとのオ○ンコに、グロテクスなチ○コがゆっくりとめり込んでいく。
単調な腰の動きに時々、違う方向への突きを加える。
グングンと身体を震わせて、みさとの動きが止まる。
みさとの腰を強く抱きとめて、ムニュムニュと腰を突き出す。
義父はみさとの腰元を掴むと自分の腰の動きに合わせてみさとの体を揺さぶった。
義父のチ○コがピンクの入り口に吸い込まれていく。
逞しいチ○コが奥へ向けて入ってくる。
結合部から大量の愛液が溢れる。
義父は、みさとの胸を強く押さえ込んで、身体を引き寄せる。
体のぶつかり合う音と、厭らしい水音が辺りを満たす。
腰の突きを強くする。
みさとの膣肉がぐっちょりと蠢動するのが分かる。
膣内は激しい伸縮を繰り返す。
ギリギリと悲鳴を上げながら蠢動するみさとの肉の奥を犯す。
強引な送出が快楽中枢を強制的に刺激する。
とろりと音がする。
オ○ンコはきつい収縮を繰り返し、みっちりと締め付けてくる。
とろりと音を立てて、チ○コが浮き沈みする。

>>義父のぬるぬるマッサージ~娘のコリを朝からクリクリ~ 立読みはこちら

*「コミスト」トップページに飛びます、義父のぬるぬるマッサージ~娘のコリを朝からクリクリ~にて検索して下さい。