絡みつく視線 ネタバレ

    

絡みつく視線  作者:ねぐりえ

■あらすじ

俺を誘惑する肉体の人妻が悪い!!

自分本位な理由で、レ○プを繰り返す常習者の視点で描いた問題作

あまりのリアルさに、修正方法が変更されたいわくつきの作品です。

■管理人ネタバレ

レ○プマニア向けの作品ですので、苦手な方はお勧めしません。

問題作に付き、配信が急遽停止されるともありますので興味のある方は

早めに、ご覧ください

配信停止の際は、ご了承ください

>>絡みつく視線 立読みはこちら

*「コミスト」トップページに飛びます、絡みつく視線にて検索して下さい。

■絡みつく視線 妄想ネタバレ

ちょっと角度を変えて、肉棒を突き立てる。
結合部から大量の愛液が溢れる。
人妻は、自分の中に出入りする肉棒から与えられる快楽に身を任せる以外のことが出来ない。
恥骨がチ○コに強く押し付けられる。
人妻の中が、熱く強く蠢くのが分かる。
レ○プ魔は人妻の耳元に軽く接吻をする。
ゆっくりとしたペースで送出を繰り返す。
人妻の体がびくびくと跳ね上がる。
人妻の内部を乱暴にかき回す。
腰を強く固定して、奥深くチ○コを埋め込む。
人妻の肩が鋭く震える。
脚をバタつかせる人妻をしっかりと捕まえ、怒張したチ○コをオ○ンコに押し付ける。
人妻のオ○ンコは大変な名器のようだった。
激しく揺さぶる。
人妻の内部を乱暴にかき回す。
人妻「イヤぁぁぁ!」
体は汗と人妻の愛液にまみれて、しっとりと湿る。
オマ○コから愛液が噴水のように吹き出る。
人妻の腰をクニュクニュと掴む。
白いお尻をわし掴みしてチ○コを何度もスライドさせる。
人妻を屈服させるように激しく出し入れを繰り返した。
テラテラ光るチ○コが、ピンクのオマ○コに吸い込まれ、また出てくる。
突き入れるごとに飛沫のような粘液が人妻のオ○ンコから吹き出す。
激しく打ち付けられて、人妻の尻肉が気持ちの良い音を立てる。
大量の愛液が人妻の太股を伝う。
ぐちょぐちょという卑猥な音が鳴り響く。
押し返すような感触。
じゅぽじゅぽと大きな音を立てて、人妻の乳首を吸いまくると、そのたびに乳首はプルプルっと小さく震える。
抜けてしまう寸前までチ○コを引き、そして再びゆっくりと埋没させていく。
人妻「はあああん…あ…ああ…あ…ふぅぅ…!」
深く突き入れられ子宮が刺激される。
膣壁を感じながら、チ○コを子宮の入り口まで押し込んだ。
ペースを落として腰を前後する。
突き入れるたびに大量の愛液が飛沫となって飛び散る。
腰の突きを強くする。
オ○ンコから愛液が噴水のように吹き出る。
柔らかな尻を抱えて、さらに奥へと挿入をする。
人妻「んッ、届いちゃう!!」
人妻「あう…んんんっ?!んんっ!ああ…そっ、そこは…っ?!」
大量の愛液がクリ○リスの下あたりから吹き出してくる。
レ○プ魔は背後から腰を振りつづける。
濡れそぼった肉を蹂躪する。
人妻「もう……許して……」
レ○プ魔の腰に甘い痺れが走る。
レ○プ魔の腰に甘い痺れが走る。
レ○プ魔「もう……イク!!」
人妻「んん!!」
レ○プ魔「熱いのを注いでやる」
人妻の中に、とくとくと熱いものが注ぎ込まれる」
人妻「垂れてる……熱いのが……私の中から……」
どんなに拒否しても、注ぎ込まれ始めたら逃れる術は無い。
レ○プ魔は最奥に注ぐために強く腰を突き上げた。
人妻の中に、とくとくと熱いものが注ぎ込まれる」
人妻「今日出されたら……出来ちゃう」
人妻は身体中を痙攣させる。
人妻の中に、精液がぶちまけられる。
膣は精液を受精に向けて奥へと送り込もうと脈動する。
チ○コの先から、人妻の子宮に向かってダイレクトに精液が流れ込む。

>>絡みつく視線 立読みはこちら

*「コミスト」トップページに飛びます、絡みつく視線にて検索して下さい。