眠姦合宿 陸上女子・仁木みのりと人目を盗んで…ネタバレ

    

眠姦合宿 陸上女子・仁木みのりと人目を盗んで…  作者:ビフィダス

■あらすじ

「仁木…感じてる…意識なくても感じるものか…?」

美人で、陸上部のエースである・仁木みのり。

陰キャなオレ石田とは、接点がないはずなのにやたら絡んでくる

戸惑いながらも、素直に対応できないオレ

ある日、仁木が笛の音やスタート音の反応して寝落ちしてしまうという事を知ってしまう。

誰も居ない部屋で目の前に無防備に眠る、仁木の巨乳を見ていたが

我慢できずに、服を脱がし秘所を露にしてしまうオレ

触ったり舐めたりだけでは、収まらずにチ○ポを挿入して

仁木が眠っている間に、バージンを奪ってしまう

>>眠姦合宿 陸上女子・仁木みのりと人目を盗んで… 立読みはこちら

*「コミスト」トップページに飛びます、眠姦合宿 陸上女子・仁木みのりと人目を盗んで…にて検索して下さい。

■眠姦合宿 陸上女子・仁木みのりと人目を盗んで… 妄想ネタバレ

ゆっくりと腰を突き出す。
仁木「んん…っ!ああ…あ…んん…ん…」
オ○ンコをオレのチ○ポが往復する。
乱暴にチ○ポを奥まで突き入れる。
仁木は身体中をこわばらせながら、真っ赤な顔で激しく首を横に振る。
身体をビクンッと揺する。
激しい伸縮を繰り返す仁木の膣内。
容赦なく肉棒が送出を繰り返す。
腰を何度も突き上げる。
とろりと音がする。
仁木がビクッと身を震わせる。
オレは仁木の耳に軽く息を吹きかける。
オレは舌先が軽く触れる程度の圧力で仁木の首筋に舌を這わせた。
熱い液が垂れる。
仁木「あうぅっ、あうっ、あうっはっ、い、イヤぁ…あん…は…ふあぁぁ…」
仁木が腰をよじる。
腰を時計回りに回す。
オ○ンコから愛液が噴水のように吹き出る。
仁木の身体を揺すり、さらに奥まで肉棒で突き上げる。
仁木の腰を掴み、力任せに引き寄せる。
腰を強く固定して、奥深くペニスを埋め込む。
腰を持ち上げて、ひときわ強く奥まで突き通してやる。
オ○ンコから愛液が噴水のように吹き出る。
オレのチ○ポを強烈な締め付けが襲ってくる。
オレのチ○ポに肉襞がネットリとからみ付く。
先端のピンクの乳首が、キュキュっとカタくなって勃起するのが見える。
カリの尖端が奥深く入り込むと、仁木の股間が一段と広がり肉襞がめくれ上がった。
ずぷぷぷ……いやらしい汁の飛び散る音がする。
ぐりんぐりんと激しく回転運動を行う。
がっしりと腰を固定されてオレのチ○ポが奥深く挿入される。
グイと腰を突き込むと、肉のきしむ感覚がチ○ポに伝わる。
グイと腰を突き込むと、肉のきしむ感覚がチ○ポに伝わる。
子宮口まで一気に貫いた。
テラテラ光るチ○ポが、ピンクのオ○ンコに吸い込まれ、また出てくる。
チ○ポが入り口を広げる。
仁木「ん……はあ…、はっ、い、イヤぁ…」
仁木が下腹部をヒクヒクさせる腹筋が痙攣するように動く。
激しい伸縮を繰り返す仁木の膣内。
ガクンと身体を震わせて、仁木の動きが止まる。
腰の突きを強くする。
むきだしになった仁木の割れ目に肉棒をあてがう。
オレの腰が激しくぶつかり、淫音が空間を支配する。
オレは、仁木を激しく突く。
仁木「んん…だめ…んああ…ひいっ、ああんっ」
仁木の腰を強く抱きとめて、ぎりぎりと腰を突き出す。
ゆっくり前後し、埋めたまま腰を回す。
仁木「そこは…ん…くっ…ダメっ、ダメぇぇ…んんっ、んっ…だっ、ダメぇ…っ!」
オレの快楽も普通ではない。
腰を時計回りに回す。
仁木「ああああ!。凄い、届いてる、届いちゃってるぅぅ!!」
二人の接合部からは卑猥で粘着質のある水音がネットリと練りあがる。
カリの尖端が奥深く入り込むと、仁木の股間が一段と広がり肉襞がめくれ上がった。
結合部から溢れる湿った音が辺りに響く。
オレは、仁木の胸を強く押さえ込んで、身体を引き寄せる。
恥骨がチ○ポに強く押し付けられる。
乱暴にチ○ポを奥まで突き入れる。
オレはチ○ポを根元まで挿入し、そしてカリの部分まで引き抜くという動作をゆっくりと繰り返す。
チ○ポがその体内に侵入していることを印象づけるように、何度も最奥を叩いてやる。
オレは腰を回転させ、速度を変えながら仁木を攻め立てる。
腰と腰がぶつかる。
がっしりと腰を固定されてオレのチ○ポが奥深く挿入される。
オレは、仁木の胸を強く押さえ込んで、身体を引き寄せる。
結合部から大量の愛液が溢れる。
仁木「膣内にいっぱい精液だして欲しいの」
オレ「…分かった。このまま…いくよ…」
オレ「い……イク!!」
オレ「よし……いくぞ!!」
オレ「出すぞ……」
中出しされた背徳さが余計に快感を煽るのか、仁木は淫靡な顔で悦楽に浸っている。
仁木「ああああ……どんどん入ってくる」
仁木が腰を回転させる。
その絶妙な刺激は、チ○ポを抜くことをためらわさせた。
オレの腰が仁木の腰に密着したまま痙攣する。
仁木の尻に男の腰が何度となく打ち付けられる。
中出しの衝撃に意識が飛び始めて、快楽の真底に落ち始める。
熱い迸りが仁木の中に注ぎ込まれる。
仁木「出てる……中に……!!」
仁木「おなかの真ん中へんが熱いよ……」
熱い迸りが仁木の中に注ぎ込まれる。
仁木「うあ……出てる!!いっぱい…」
仁木「中に全部入っていくよ……」
ドピュゥ、ドピュゥ、ドピュゥ、ビュクン。

>>眠姦合宿 陸上女子・仁木みのりと人目を盗んで… 立読みはこちら

*「コミスト」トップページに飛びます、眠姦合宿 陸上女子・仁木みのりと人目を盗んで…にて検索して下さい。