生イキJKに中●し調教~めちゃくちゃに突いて、奥の方に出してあげるね ネタバレ

    

生イキJKに中●し調教~めちゃくちゃに突いて、奥の方に出してあげるね  作者:花咲まひる

■あらすじ

「嫌だけど、気持ち良すぎる・・・」

抗えば抗う程、体の奥底から湧いてくる絶頂に、オマ○コはトロトロに

陰キャの太一は、クラスの女子からいつも見下される存在

そんな彼のスマホに、からだ相性マッチングアプリなるものが勝手にインストールされる

試しに使用すると、学園カースト上位のみずきとは98%の高相性が表示される

表示されたとおりに、やってみるとナマイキJKのみずきのオマ○コはぐしょぐしょに。

太一に嫌悪感を感じているはずのみずきだが、体は敏感に反応する。

>>生イキJKに中●し調教~めちゃくちゃに突いて、奥の方に出してあげるね 立読みはこちら

*「コミスト」トップページに飛びます、生イキJKに中●し調教~めちゃくちゃに突いて、奥の方に出してあげるねにて検索して下さい。

■生イキJKに中●し調教~めちゃくちゃに突いて、奥の方に出してあげるね 妄想ネタバレ

愛液を溢れだす。
始めはゆっくりとした往復がいつのまにか激しさを増していく。
みずきの快楽中枢に微かに触れる。
太一は、一心に腰を振る。
みずきのオマ○コが、太一のチ○コを絞り上げる。
みずきのオマ○コに無造作に出し入れしてやる。
より深い結合を追い求める。
膣内は激しい伸縮を繰り返す。
みずきは声をあげる。
太一にとってみずきの抵抗など微々たるものだ。
みずきのねちょねちょに濡れそぼったオマ○コの中に肉棒を埋もれる。
深く突き入れられ子宮が刺激される。
男女の結合の音が空間に満ちる。
太一は腰を突き出した。
みずき「あ…う…んんン~~っ!~~~~~~~~~っ!!」
途絶えなく淫猥な結合音が響き渡る。
柔らかい膣内で太一のチ○コが締め付けられる。
太一は、みずきを激しく突く。
逞しいチ○コの侵入で、オマ○コから汁が溢れ出す。
強く揺さぶる。
腰を持ち上げて、ひときわ強く奥まで突き通してやる。
みずき「ひゃ…ンっ!ん…ああ…だめ…はっ、い、イヤぁ…んん!!…」
みずきを肉の感触が支配する。
綺麗な色をしたクリトリスを指ではじく。
みずきの中が、熱く強く蠢くのが分かる。
鈍い突き上げがオマ○コを刺激する。
みずき「あ…あ…いっ、イヤぁぁぁ~~~~…っは…うう…ん、うああぁぁぁ…っあううううう!!」
テラテラ光るチ○コが、ピンクのオマ○コに吸い込まれ、また出てくる。
みずき「うふぁぁ…あっ!あ、あ、あぁ…」
チ○コがその体内に侵入していることを印象づけるように、何度も最奥を叩いてやる。
みずき「 ひっ…!だ、ダメぇ…あ、あ、ああっ!ふぁぁ、んっ、んぁぁ…」
きゅきゅっと膣が締まる。
望まない刺激が、みずきの中心を揺さぶりつづける。
転げ落ちるように快楽の穴底へと向かっていく。
太一の太一が緩急を付けて送出される。
容赦なく肉棒が送出を繰り返す。
みずきの快楽中枢に微かに触れる。
太一は獣のように腰を振り続ける。
みずきは身体中をこわばらせながら、真っ赤な顔で激しく首を横に振る。
抜けてしまう寸前までチ○コを引き、そして再びゆっくりと埋没させていく。
乱暴にチ○コを奥まで突き入れる。
結合部から溢れる湿った音が辺りに響く。
太一のチ○コを強烈な締め付けが襲ってくる。
激しい伸縮を繰り返すみずきの膣内。
みずきの膣肉がくちゃりと蠢動するのが分かる。
ひくっ、ひくっ、とうねるみずきの体を押さえつけて激しく犯す。
みずきの中にズブリと割り込む。
激しい伸縮を繰り返すみずきの膣内。
肉棒の先に、吸い付くようなまとわり付くようなキツい粘膜の感触。
みずき「ああああ!。凄い、届いてる、届いちゃってるぅぅ!!」
ぐっちょりと音がする。
みずきは身体を小刻みに震えさせる。

>>生イキJKに中●し調教~めちゃくちゃに突いて、奥の方に出してあげるね 立読みはこちら

*「コミスト」トップページに飛びます、生イキJKに中●し調教~めちゃくちゃに突いて、奥の方に出してあげるねにて検索して下さい。