文学女子に食べられる ネタバレ

    

文学女子に食べられる3  作者:ひまわりのたね

■あらすじ

幼いころから読書が好きだった少女は、人とコミュニケーションを取るのが下手なのもあり
益々、読書の世界へとのめりこんでいった

文学女子に食べられる3

 

 

学校図書だけでは飽き足らず、図書館に通うようになり

そこで、純文学や古典文学を知るきっかけとなり

それらに描かれていた、濃密な性描写に触れ性というものを

意識し始めた少女は、やがて自慰を覚えてしまい数年がたち

すっかりこじらせてしまった少女は、変態的な行動で

ないと満足できないドスケベな少女へとなっていました

そんな彼女も、大学生になりサークルの先輩と知り合い

そして、彼女は今までの妄想を先輩に試すのでした。

文学女子に食べられる3

■管理人ネタバレ

うーん、完全にこじらせ女子ですね 見た目が地味なのでギャップが

凄いです、やっぱ女性の方がスケベというのはホントでしょうね

男の全身を嘗め回して興奮させたところで、自分の下着を使っての手コキ

文学女子に食べられる3の先輩は大量に精液出してますが管理人も

パンティ手コキは一回体験してみたいですね

あ、アナルバイブは遠慮します

文学女子に食べられる3

>>文学女子に食べられる3 立読みはこちら

*「文学女子に食べられる3」詳細ページに飛びます

■文学女子に食べられる 妄想ネタバレ
少女「もっと、くわえた方が良いですか? んッ……ちゅ……ぅむ……」
少女「くッ、んッ、ぴちゃ、ちゅ、んっ……」
先輩「そんなしゃぶり方じゃまだまだ」
少女「はい……んちゅ、んっ……ふぅ、むっ、ぁうう、んん……」
先輩「そうだ、丁寧に舐めるんだぞ……」
口とペニスの隙間から、声が漏れる。
少女「……はむぅ、ちゅっ、くちゅ、ん、むぅ、あん……」
少女「くッ、んッ、ぴちゃ、ちゅ、んっ……はぁ、はぁ、っ……あ、ん……っ……」
少女「ちゅっ……ん、あっ……ちゅぱ……あ……すごく、硬くて熱い……ぁむん……」
少女「んッ、ちゅ、ちゅぱッ、ぁむ……ん……美味しいです……ぁんッ……」
少女「んっ、んむっ、ん、はぁ……ん、ちゅっ、あ、んっ……」
少女「くッ、んッ、ぴちゃ、ちゅ、んっ……」
少女の暖かな口内に更なる刺激を受ける。
少女「くッ、んッ、ぴちゃ、ちゅ、んっ……はぁ、はぁ、っ……あ、ん……っ……」
時折のどの奥の方まで到達するが少女は必死で堪える。
少女「んくッ、ちゅ、ちゅぱ、ッ……んん……ぁふ…………」
先輩「ん、いいぞ……玉の裏辺りも触ってくれ」
少女は、ぺちゃぺちゃと音を立ててチ○ポを丁寧に舐めている。
どんどん舐め方を変えていく。
少女「ちゅっ……ん、あっ……ちゅぱ……あ……すごく、硬くて熱い……ぁむん……」
少女「もっと、くわえた方が良いですか? んッ……ちゅ……ぅむ……」
どんどん舐め方を変えていく。
先輩「そうだ、丁寧に舐めるんだぞ……」
少女「ふぁあ、う、ちゅっ……んッ、あ、むぅ……ちゅぱっ、ぁッ、ん、っ……」
どんどん舐め方を変えていく。
先輩「ん、いいぞ……玉の裏辺りも触ってくれ」
ペニスはどんどん大きくなり、喉の奥で反り返っていくのが分かった。
少女「ちゅっ……ん、あっ……ちゅぱ……あ……すごく、硬くて熱い……ぁむん……」
少女「んああ…ん…――――――…っ!ん、んはぁ…んっ、んっ、んンン~~…っ!んっ、んっく…んっ…」
少女「くッ、んッ、ぴちゃ、ちゅ、んっ……はぁ、はぁ、っ……あ、ん……っ……」
少女「はい……んちゅ、んっ……ふぅ、むっ、ぁうう、んん……」
先輩「そんなしゃぶり方じゃまだまだ」
どんどん舐め方を変えていく。
口とペニスの隙間から、声が漏れる。
先輩「ん、いいぞ……玉の裏辺りも触ってくれ」
少女「もっと、くわえた方が良いですか? んッ……ちゅ……ぅむ……」
時折のどの奥の方まで到達するが少女は必死で堪える。
少女「んッ、ちゅ、ちゅぱッ、ぁむ……ん……美味しいです……ぁんッ……」
少女「んっ……むぅ……や、んっ……は、恥ずかしい……」
少女にチ○ポを咥えさせる。
先輩「で……でる!!」
先輩「い……イク!!」
先輩は抜き出したチ○ポを少女に咥えさせる。
ビュル、ビュルルルルルッ。
精子の味と香りが口の中いっぱいに広がっていく。
次々と吐き出される白濁液を飲み下すことが出来ずに口元から溢れ出る。
ピュ、ピュ、ピュ……。
少女「ごくん……」
先輩の味が口に広がる。
濃厚な味の熱い精液が少女の口内へと注がれていく。
喉の奥にたくさんの精子が打ち付けられる。
少女「もご…んぐ……んぐ…」
少女「んぐ……おいひぃ……」
すさまじい量の精液が唇の奥へと流れ込む。
ドク……ドク……。
先輩の味が口に広がる。