排卵日の発情妻は義父と種付け交尾する ネタバレ

    

排卵日の発情妻は義父と種付け交尾する  作者:ほっとみかん

■あらすじ

出世頭の先輩社員と社内恋愛の末結ばれ、子宝にも恵まれ新築の一軒家を手に入れて

傍目から見れば、何の不満もないような新妻だが

出世頭の先輩社員と社内恋愛の末結ばれ、子宝にも恵まれ新築の一軒家を手に入れて

傍目から見れば、何の不満もないような新妻だが

 

彼女には他人には言えない悩みがあった

それは、旦那とのセックスレスで次第にオナニーにふけるようになる

そんな時、旦那の長期出張が決まり、義父が同居することになったが・・・

当初は気を使っていたが、ふとしたきっかけで、義父と関係を持ってしまう

夫とは違う、義父の絶倫チ○ポに新妻は堕ちてしまい・・・

 

■管理人妄想ネタバレ

柔らかい膣内で義父のチ○コが締め付けられる。
ズブズブと義父のチ○コが入っていく。
オ○ンコはきつい収縮を繰り返し、みっちりと締め付けてくる。
新妻「う…う…ああ…んんあ…っく…っ! 」
厳しい締め付けと、蠢くような膣圧、徹底的に快感を与えようとする肉壁。
亀頭が内壁のヒダでごつごつと刺激される。
結合部から大量の愛液が溢れる。
義父は、新妻の胸を強く押さえ込んで、身体を引き寄せる。
新妻の腰をグッと掴む。
ペースを落として腰を前後する。
腰を時計回りに回す。
大量の愛液がクリ○リスの下あたりから吹き出してくる。
新妻は抵抗しようとしても体に力が入らない。
熱い液が垂れる。
新妻の乳首はビンビンになっている。
新妻は首を振って拒絶する。
新妻の中が、熱く強く蠢くのが分かる。
新妻のオ○ンコの締め付けの強弱が変動する。
腰と腰がぶつかる。
二人の間でチ○コが見え隠れする。
乱暴にチ○コを奥まで突き入れる。
義父は新妻の尻を掴んで強制的に自分に引き寄せる。
チ○コの動きに新妻の意識が翻弄される。
義父は舌先が軽く触れる程度の圧力で新妻の首筋に舌を這わせた。
愛液を溢れだす。
義父のチ○コに肉襞がネットリとからみ付く。
ズンと突く。
義父のチ○コを受け入れ、感じ始めるたことを心では認められなくても体は反応してしまう。
新妻の腰を強く抱きとめて、ぎりぎりと腰を突き出す。
身体をビクビクと揺する。
義父のチ○コがピンクの入り口に吸い込まれていく。
大量の愛液がクリ○リスの下あたりから吹き出してくる。
新妻の肩が鋭く震える。
義父は新妻に覆い被さって腰を振りつづける。
亀頭が内壁のヒダでごつごつと刺激される。
義父はチ○コを根元まで挿入し、そしてカリの部分まで引き抜くという動作をゆっくりと繰り返す。
柔らかい膣内で義父のチ○コが締め付けられる。
新妻の身体を揺すり、さらに奥まで肉棒で突き上げる。
ギリギリと悲鳴を上げながら蠢動する新妻の肉の奥を犯す。
突き入れるたびに大量の愛液が飛沫となって飛び散る。
義父の太いオ○ンコが、子宮を直撃する。
新妻の中が、熱く強く蠢くのが分かる。
恥骨がチ○コに強く押し付けられる。
義父の義父が緩急を付けて送出される。
濡れそぼった肉を蹂躪する。
新妻の中にズブリと割り込む。
テラテラ光るチ○コが、ピンクのオ○ンコに吸い込まれ、また出てくる。
抜けてしまう寸前までチ○コを引き、そして再びゆっくりと埋没させていく。
逞しいチ○コの侵入で、オ○ンコから汁が溢れ出す。
義父が容赦ない突き上げを食らわす度に、新妻の乳房が跳ねる。
肉の感触が先端にまとわり付く。
義父のチ○コを強烈な締め付けが襲ってくる。
義父「で……でる!!」
義父「……うっ」
義父「いくぞ…いくぞ……いく!!」
二人の結合部から白濁の液体が溢れ出てきた。
新妻「……どんどん……入ってくるよ!
新妻「出てる……凄い……凄い量が出てる」
ビュビュビュビュゥゥ、ビュクン。
大量の精液が注入されていく。
新妻「赤ちゃんが……できちゃう……」
ビュク、ビュク、ビュク、ビュク。
ビュク、ビュク、ビュク、ビュク…。
新妻「出てる……出てるの分かる!!」
ビュビュビュビュゥゥ。
新妻「ああああ……どんどん入ってくる」

>>排卵日の発情妻は義父と種付け交尾する 立読みはこちら

*「排卵日の発情妻は義父と種付け交尾する」詳細ページに飛びます