憧れの姉ちゃんがギャルになって帰ってきた夏休み ネタバレ

    

憧れの姉ちゃんがギャルになって帰ってきた夏休み
作者:庄司二号 / 穴乱

■あらすじ

僕、桐ケ谷要が住む地域は海以外遊ぶところもない、ド田舎だ

都会みたいな、お洒落な店などあるわけもない

憧れの姉ちゃんがギャルになって帰ってきた夏休み

そして、僕の家は桐ケ谷家の本家と言う家柄なので夏休みもどこにも行けない

昔は、従兄弟達も来ていたが最近は誰も来ず退屈でしょうがない

暇すぎて、海に来てみると見知らぬビキニ姿のギャルが居て…

そのギャルは、僕が昔あこがれていた愛良姉ちゃんだった。

この日から、僕の忘れられない1週間が始まった。

憧れの姉ちゃんがギャルになって帰ってきた夏休み

■管理人 憧れの姉ちゃんがギャルになって帰ってきた夏休み妄想 ネタバレ

腰を強く固定して、奥深くペニスを埋め込む。

二人の間でチ○ポが見え隠れする。

脚をバタつかせる愛良をしっかりと捕まえ、怒張したチ○ポをオマ○コに押し付ける。

身体をグングンと揺する。

愛良の下から突き上げるように腰を動かす。

要の快楽も普通ではない。

愛良の膣内の締め付けは強烈に要を押さえつけて離さない。

望まない刺激が、愛良の中心を激しく揺さぶりつづける。

雁首が子宮に当たる。

要は尖った愛良の乳首を軽く食み、唇で転がした。

愛良の膣内の心地よい締め付けが、じんわりと要を押し包む。

無理やり抑えつけられ、強く乳房を掴まれる。

腰を引いては突き入れる。

勃起している愛良の乳首を、指先で軽く弾いてやる。

カリの尖端が奥深く入り込むと、愛良の股間が一段と広がり肉襞がめくれ上がった。

要は、愛良を激しく突く。

愛良の下から突き上げるように腰を動かす。

速く、深く……何度もその動きを繰り返す。

愛良の身体がグィィィとのけぞる。

容赦なく肉棒が送出を繰り返す。

愛良の中が、熱く強く蠢くのが分かる。

愛良の中に要のチ○ポが根元まで沈み、そして引き出される。

愛良のオマ○コが、要のチ○ポを絞り上げる。

愛良の内部を乱暴にかき回す。

愛良の膣肉がぐっちょりと蠢動するのが分かる。

恥骨がチ○ポに強く押し付けられる。

鈍い突き上げがオマ○コを刺激する。

要は愛良の耳に軽く息を吹きかける。

厳しい締め付けと、蠢くような膣圧、徹底的に快感を与えようとする肉壁。

要「出すぞ……」

心地よい痺れがチ○ポに集まってくる。

要「もうイク……イク……ウ!!」

要「もう……イク!!」

ビュルル、ビュル、ビュルルルル。

愛良「うあ……出てる!!いっぱい…」

愛良「出てる……出てるの分かる!!」

愛良は胎内に熱いものが巡る感覚を覚えた。

愛良の中に白濁が吐き出されていく。

ビュビュビュビュゥゥ、ビュクン。

愛良の中に子種を吐き出す。

愛良「凄い、ビクビクしてる…」

チ○ポの先から、愛良の子宮に向かってダイレクトに精液が流れ込む。

チ○ポの先から、愛良の子宮に向かってダイレクトに精液が流れ込む。

どくん……どく……どく……。

愛良「子種が……子種が流れ込んで……」

愛良「出てる……出てるの分かる!!」

憧れの姉ちゃんがギャルになって帰ってきた夏休み

>>憧れの姉ちゃんがギャルになって帰ってきた夏休み 立読みはこちら

*「コミスト」トップページに飛びます、憧れの姉ちゃんがギャルになって帰ってきた夏休みにて検索して下さい。