巨乳未亡人幸恵と息子のわる~いおともだち ネタバレ

    

巨乳未亡人幸恵と息子のわる~いおともだち  作者:オトナテイコク

巨乳未亡人幸恵と息子のわる~いおともだち

■あらすじ

白石 幸恵 33歳
巨乳でムチムチのエロいスタイルの未亡人

経験人数も少なく、早くに夫と死別したために

性的知識に関しては子供以下

龍貴
幸恵の息子である秀太の同級生

父親がDQNな性格の為本人もかなりの悪ガキ

幸恵と近づくために秀太を利用する

秀太の家に上がり込むことに成功した龍貴は、仮病を使って

幸恵の関心を引き、具合の悪い真似をして幸恵の胸を触る

ご無沙汰だった、幸恵はあっけなく龍貴に陥落してしまい

授乳スタイルからの手コキに応じてしまう・・・

龍貴の要求はその日からさらにエスカレートして遂には

子供の友人と一線を越えてしまう

巨乳未亡人幸恵と息子のわる~いおともだち

■管理人ネタバレ

幸恵さん 巨乳でスタイル良くて殆どの男はタイプだと思うのですが

かなりちょろ過ぎ、今どきの子はませてるとはいえ小学生相手に

30過ぎの大人がイカされるのは、設定にちょい無理があるような気がします

流れ的には、龍貴の父親が出てくるのかな?と思いましたが無しでした。

巨乳未亡人幸恵と息子のわる~いおともだち

>>巨乳未亡人幸恵と息子のわる~いおともだち 立読みはこちら

*「巨乳未亡人幸恵と息子のわる~いおともだち」詳細ページに飛びます

■巨乳未亡人幸恵と息子のわる~いおともだち 妄想ネタバレ
望まない刺激が、幸恵の中心を揺さぶりつづける。
体は汗と幸恵の愛液にまみれて、しっとりと湿る。
結合部分からぐちゅぐちゅといやらしい音が漏れる。
幸恵「…っっ―――――?!?!ん…ああ…うふぁぁ…あっ!」
龍貴のチ○ポに肉襞がネットリとからみ付く。
望まない刺激が、幸恵の中心を激しく揺さぶりつづける。
ビクンッ! 幸恵は身体を大きく跳ねさせる。
幸恵の身体を揺すり、さらに奥まで肉棒で突き上げる。
小刻みに出たり入ったりしている結合部に透明な愛液が一筋、ネットリと垂れる。
龍貴は腰を回転させ、速度を変えながら幸恵を攻め立てる。
幸恵「あう…ふぅぅ…!あぁぁぁ…」
上り詰めそうになったら速度を落とし、引いてきたら激しく突くを繰り返す。
幸恵の内部が強く蠢動する。
龍貴のチ○ポを強烈な締め付けが襲ってくる。
幸恵「…だめ…いや……あああ……」
幸恵「ん…ん…くっ…だっ、ダメぇ…っ!ふぁ…うふぁぁ…あっ!」
龍貴は舌先が軽く触れる程度の圧力で幸恵の首筋に舌を這わせた。
幸恵「もう……許して……」
二人の間で緩慢に出し入れされる肉棒が見え隠れする。
幸恵は首を振って拒絶する。
肉の感触が先端にまとわり付く。
幸恵の乳房を鷲づかみにしてグイグイと揉んだ。
幸恵の腰をガシッと掴む。
幸恵「あ…あん…んんっ、んっ…ふぅぅ…!んんっ!」
龍貴は腰を回転させ、速度を変えながら幸恵を攻め立てる。
幸恵の身体をユサユサと振って、いちばん奥へ当てる。
激しい伸縮を繰り返す幸恵の膣内。
幸恵「もう……許して……」
幸恵の肩が鋭く震える。
ビクンッ! 幸恵は身体を大きく跳ねさせる。
幸恵の締め付けが伸縮を繰り返し、龍貴のチ○ポを包み込んで脈動する。
龍貴「嫌がる割には、随分濡れてきているじゃねえか?
幸恵「ち……違うの…これは……」
幸恵の腰を掴み、力任せに引き寄せる。
幸恵の締め付けが伸縮を繰り返し、龍貴のチ○ポを包み込んで脈動する。
龍貴は獣のように腰を振り続ける。
幸恵「ああ…あ!あああ!!!…ん…ああ…ああ…ん、うああぁぁぁ…っ」
ゆっくりと腰を突き出す。
幸恵は大きく身体をのけぞらせ、ビクンビクンと腰を震わせた龍貴は強制的なピストン運動を送り込む。
ビクンッと身体を震わせて、幸恵の動きが止まる。
幸恵の乳首はビンビンになっている。
激しく揺さぶられ、強引にチ○ポを打ち込まれる。
途絶えなく淫猥な結合音が響き渡る。
龍貴は幸恵の腰元を掴むと自分の腰の動きに合わせて幸恵の体を揺さぶった。
結合部から溢れる湿った音が辺りに響く。
龍貴は容赦なく胸を弄る幸恵のやわらかな胸が様々な形に変形する。
龍貴の腰に甘い痺れが走る。
龍貴「よし……いくぞ……いく……」
龍貴「もう……イク!!」
幸恵「でっ、出てる!私の中に~~~~~~~っ!」
妊娠してしまうかもしれないという失望感が幸恵を襲う。
幸恵「駄目、らめぇぇ、とんじゃぅぅ!!」
幸恵「んん!!」
幸恵は、ひくひくと痙攣しながら絶頂を迎える。
幸恵は、自分の体内に流れ込む迸りを感じている
どくん……どくん……。
龍貴のチ○ポが脈打つたびに、大量の精液が送りこまれていく。