委員長、さっきトイレでオナってたでしょ?~イッた回数がバレちゃう世界~ ネタバレ

    

委員長、さっきトイレでオナってたでしょ?~イッた回数がバレちゃう世界~  作者:浪田

■あらすじ

平凡な高校生の三枝誉は、授業中に居眠りしている際にイシュタルと名乗る女神から

あるチート能力を授かる、その力とは他人がイッた回数が見えるもの

半信半疑ながら周りを見渡すと、本当に全員のイッた回数が見えるようになっていた。

しかも、真面目なクラス委員の数値が異常に高いことに気づく

その上、授業の途中でトイレに立った彼女が帰ってくると、数値が上がってる!

まさか、トイレでオナニー?

■委員長、さっきトイレでオナってたでしょ?~イッた回数がバレちゃう世界~ 妄想ネタバレ

委員長の肩が鋭く震える。
勃起している委員長の乳首を、指先で軽く弾いてやる。
委員長は身体中をこわばらせながら、真っ赤な顔で激しく首を横に振る。

委員長、さっきトイレでオナってたでしょ?~イッた回数がバレちゃう世界~

>>委員長、さっきトイレでオナってたでしょ?~イッた回数がバレちゃう世界~ 立読みはこちら
*「コミスト」トップページに飛びます、委員長、さっきトイレでオナってたでしょ?~イッた回数がバレちゃう世界~にて検索して下さい。
単調な腰の動きに時々、違う方向への突きを加える。
委員長「ああああ!。凄い、届いてる、届いちゃってるぅぅ!!」
結合部から、おびただしい量の愛液が垂れてくる。
委員長の肩を掴んで、柔らかな尻に腰を打ち付ける。
誉の腰が激しくぶつかり、淫音が空間を支配する。
二人の接合部からは卑猥で粘着質のある水音がぐっちょりと練りあがる。
委員長の締め付けが伸縮を繰り返し、誉のチ○コを包み込んで脈動する。
委員長の腰をムニュムニュと掴む。
誉は尖った委員長の乳首を軽く食み、唇で転がした。
肉棒の先に、吸い付くようなまとわり付くようなキツい粘膜の感触。
速く、深く……何度もその動きを繰り返す。
殆ど濡れていないオ○ンコは、それなりの抵抗感を感じるが、それがまた激しく欲望を掻き立てる。
激しいピストンでオ○ンコをかき回される。
委員長の中心に弾けるような快感が押し迫る。
委員長「あああ…むぅぅっ!」
勃起している委員長の乳首を、指先で軽く弾いてやる。
委員長の体を大きく揺する。
逞しいチ○コの侵入で、オ○ンコから汁が溢れ出す。
委員長のとろりに濡れそぼったオマ○コの中に肉棒を埋もれる。
ずぷぷぷ……いやらしい汁の飛び散る音がする。
委員長の肩を掴んで、柔らかな尻に腰を打ち付ける。
深く突き入れられ子宮が刺激される。
速く、深く……何度もその動きを繰り返す。
黒光りするチ○コがズブズブと委員長の中に埋没する様子が丸見えになる。
愛液を溢れだす。
ぐっちょり……いやらしい汁の飛び散る音がする。
奥まで入り込んだチ○コの先端に硬い感触が当たる。
お風呂の暖かさが気分の高揚と相まって、興奮が高まっていく。
委員長「あ…あ…いや…ああ…あ…あ…」
二人の間でチ○コが見え隠れする。
転げ落ちるように快楽の穴底へと向かっていく。
激しい伸縮を繰り返す委員長の膣内。
誉は背後から腰を振りつづける。
誉は腰を回転させ、速度を変えながら委員長を攻め立てる。
ぐっちょりと音がする。
誉「寒くない?」
委員長「うん、大丈夫」
誉は思いっきり腰を引いて、音がするほどに強く委員長の腰に打ちつけた。
ちょっと角度を変えて、肉棒を突き立てる。
誉の快楽も普通ではない。
委員長の表情に苦悶が表れる。
突き入れるたびに大量の愛液が飛沫となって飛び散る。
結合部から溢れる湿った音が辺りに響く。
委員長の中が、熱く強く蠢くのが分かる。
きゅきゅっと膣が締まる。
誉は舌先が軽く触れる程度の圧力で委員長の首筋に舌を這わせた。
誉はチ○コを根元まで挿入し、そしてカリの部分まで引き抜くという動作をゆっくりと繰り返す。
委員長の膣肉がぐっちょりと蠢動するのが分かる。
子宮口まで一気に貫いた。
委員長の中が、熱く強く蠢くのが分かる。
誉の誉が緩急を付けて送出される。
ぴちゃぴちゃと言うお湯の跳ねる音さえいやらしい音に聞こえてくる。
委員長「あう…ふぁぁぁ…っ!んん、んっっ!ああ…あ!あ…あ…あ…」
大量の愛液が委員長の太股を伝う。
ビクビクと身体を震わせて、委員長の動きが止まる。
>>委員長、さっきトイレでオナってたでしょ?~イッた回数がバレちゃう世界~ 立読みはこちら

*「コミスト」トップページに飛びます、委員長、さっきトイレでオナってたでしょ?~イッた回数がバレちゃう世界~にて検索して下さい。