夏妻~思い出の旅館で他人のおち〇ぽ好きになってごめんね… ネタバレ

    

夏妻~思い出の旅館で他人のおち〇ぽ好きになってごめんね…  作者:黒巣ガタリ

■あらすじ

「夫のより…大きい!!このチ〇ポ最高ぉ…!!」

チャラ男達のビンビンのチ〇ポをマンコにぶち込まれて理性崩壊。

このままではいけないと思っていても、この快感から逃れられない…!

急遽、息子と夏休みの旅行に出かけた由美子。

偶然知り合った若者2人に息子が懐いてしまい、

一日過ごすうちに、女としての欲望が頭をよぎる。

ヤバいと思いながらもチャラ男たちの部屋に行き、スマホであらぬ姿の画像を撮られてしまう

消去を懇願する由美子にチャラ男達の要求はは…

■夏妻~思い出の旅館で他人のおち〇ぽ好きになってごめんね… 妄想ネタバレ

由美子の前後する頭を見ていると、さらに欲望が股間に集まっていく気がする。
由美子「ふぁあ、う、ちゅっ……んッ、あ、むぅ……ちゅぱっ、ぁッ、ん、っ……」
由美子「もっと、くわえた方が良いですか? んッ……ちゅ……ぅむ……」
チ○コを一気にのど奥まで咥える。
由美子「はい……んちゅ、んっ……ふぅ、むっ、ぁうう、んん……」
由美子「んッ、ちゅ、ちゅぱッ、ぁむ……ん……美味しいです……ぁんッ……」
由美子「んくッ、ちゅ、ちゅぱ、ッ……んん……ぁふ…………」
由美子「くッ、んッ、ぴちゃ、ちゅ、んっ……はぁ、はぁ、っ……あ、ん……っ……」
チ○コを一気にのど奥まで咥える。
由美子「……はむぅ、ちゅっ、くちゅ、ん、むぅ、あん……」
どんどん舐め方を変えていく。
由美子の前後する頭を見ていると、さらに欲望が股間に集まっていく気がする。
口とペニスの隙間から、声が漏れる。
どんどん舐め方を変えていく。
チャラ男「そうだ、丁寧に舐めるんだぞ……」
由美子「んッ、ちゅ、ちゅぱッ、ぁむ……ん……美味しいです……ぁんッ……」
チャラ男「ん、また乳首が立っているな。舐めてるだけで感じてきたか?」
どんどん舐め方を変えていく。
由美子「……はむぅ、ちゅっ、くちゅ、ん、むぅ、あん……」
チ○コを一気にのど奥まで咥える。
由美子の前後する頭を見ていると、さらに欲望が股間に集まっていく気がする。
チャラ男「そうだ、丁寧に舐めるんだぞ……」
由美子「くッ、んッ、ぴちゃ、ちゅ、んっ……はぁ、はぁ、っ……あ、ん……っ……」
チ○コを一気にのど奥まで咥える。
口とペニスの隙間から、声が漏れる。

夏妻~思い出の旅館で他人のおち〇ぽ好きになってごめんね…

ペニスはどんどん大きくなり、喉の奥で反り返っていくのが分かった。
チャラ男「ん、いいぞ……玉の裏辺りも触ってくれ」
チャラ男「ん、また乳首が立っているな。舐めてるだけで感じてきたか?」
由美子は、ぺちゃぺちゃと音を立ててチ○コを丁寧に舐めている。
口とペニスの隙間から、声が漏れる。
由美子「ぁむ……ん、ふ、ちゅぱ、んん、ちゅ……あ……」
時折のどの奥の方まで到達するが由美子は必死で堪える。
由美子「エッチな匂い……すごく、かたい……はぁ、んむ……ちゅぱ、ぁむ……」
チャラ男「そんなしゃぶり方じゃまだまだ」
由美子「ちゅっ……ん、あっ……ちゅぱ……あ……すごく、硬くて熱い……ぁむん……」
由美子「んくッ、ちゅ、ちゅぱ、ッ……んん……ぁふ…………」
口とペニスの隙間から、声が漏れる。
由美子「ふぁあ、う、ちゅっ……んッ、あ、むぅ……ちゅぱっ、ぁッ、ん、っ……」
チャラ男「ん、また乳首が立っているな。舐めてるだけで感じてきたか?」
チャラ男「ん、また乳首が立っているな。舐めてるだけで感じてきたか?」
チャラ男「ん、いいぞ……玉の裏辺りも触ってくれ」
チャラ男「ん、また乳首が立っているな。舐めてるだけで感じてきたか?」
由美子「……はむぅ、ちゅっ、くちゅ、ん、むぅ、あん……」
由美子の前後する頭を見ていると、さらに欲望が股間に集まっていく気がする。
チャラ男「ん、いいぞ……玉の裏辺りも触ってくれ」
チャラ男「そう、だ……同じところばかりじゃ駄目だ」
由美子「んっ……むぅ……や、んっ……は、恥ずかしい……」
ペニスはどんどん大きくなり、喉の奥で反り返っていくのが分かった。
チャラ男「ん、また乳首が立っているな。舐めてるだけで感じてきたか?」
由美子「エッチな匂い……すごく、かたい……はぁ、んむ……ちゅぱ、ぁむ……」
チャラ男「そうだ、丁寧に舐めるんだぞ……」
由美子「くッ、んッ、ぴちゃ、ちゅ、んっ……はぁ、はぁ、っ……あ、ん……っ……」
由美子「ふぁぁぁ…っ!ああ!!…ふぁあぁぁぁ…ん…くっ…ああ…」
由美子「……はむぅ、ちゅっ、くちゅ、ん、むぅ、あん……」
口とペニスの隙間から、声が漏れる。

チャラ男「ん、いいぞ……玉の裏辺りも触ってくれ」
由美子の前後する頭を見ていると、さらに欲望が股間に集まっていく気がする。
由美子「もっと、くわえた方が良いですか? んッ……ちゅ……ぅむ……」
由美子「ふぁあ、う、ちゅっ……んッ、あ、むぅ……ちゅぱっ、ぁッ、ん、っ……」
チャラ男「ん、いいぞ……玉の裏辺りも触ってくれ」
由美子「……はむぅ、ちゅっ、くちゅ、ん、むぅ、あん……」
由美子「くッ、んッ、ぴちゃ、ちゅ、んっ……はぁ、はぁ、っ……あ、ん……っ……」
チャラ男「よし……いくぞ……いく……」
チャラ男の腰に甘い痺れが走る。
チャラ男「出る!!」
チャラ男「もう……出る!!」
精子の味と香りが口の中いっぱいに広がっていく。
由美子「んっ……ノドに絡み付いて……」
由美子「もご…んぐ……んぐ…」
ドピュ! ドピュ! ドピュ!
ドピュ! ドピュ! ドピュ!
由美子「ごくん……」
ドク……ドク……。
精子の味と香りが口の中いっぱいに広がっていく。
ドク……ドク……。

>>夏妻~思い出の旅館で他人のおち〇ぽ好きになってごめんね… 立読みはこちら

*「コミスト」トップページに飛びます、夏妻~思い出の旅館で他人のおち〇ぽ好きになってごめんね…にて検索して下さい。