名前も知らないあの子と ネタバレ

    

名前も知らないあの子と  作者:荒井啓

■あらすじ

鉄橋の人目に付かない場所で、僕は今日も周りを監視している。

男子学生相手に、SEXする子に頼まれているから。

名前も知らないあの子と

金額によっては、中出しもOKな彼女の名を、僕はまだ知らない。

今日は、やる場所がないというので僕の部屋を使う彼女。

本日の相手、運動部の男は金出せば何でもして良いんだろ?」

彼女は顔射されて、男から乱暴に扱われるさまを

僕は他人事のように感じていた。

名前も知らないあの子と

■名前も知らないあの子と 妄想ネタバレ

二人の接合部からは卑猥で粘着質のある水音がくちゃりと練りあがる。
尖った乳首が、ブルブルっと震える。
男「狭くてきつくていい具合だ」
ともよ「あ…ああ…あ…ぁぁ…ぁ…」
容赦なく肉棒が送出を繰り返す。
ともよの膣内の心地よい締め付けが、じんわりと男を押し包む。
真っ白なお尻に男のカリの張ったどす黒いチ○コが出し入れされる。
男は、ともよの胸を強く押さえ込んで、身体を引き寄せる。
脚をバタつかせるともよをしっかりと捕まえ、怒張したチ○コをオ○ンコに押し付ける。
肉棒の先に、吸い付くようなまとわり付くようなキツい粘膜の感触。
ともよ「んん―――っ?!ふぁ…ふぁあぁぁぁ…ああ…あう…」
結合部から大量の愛液が溢れる。
乱暴にチ○コを奥まで突き入れる。
逞しいチ○コの侵入で、<onnnaseiki>から汁が溢れ出す。
男は尖ったともよの乳首を軽く食み、唇で転がした。
ともよの内部を乱暴にかき回す。
結合部から溢れる水音の粘着性が増していく。
ともよの腰を掴み、力任せに引き寄せる。
腰を持ち上げて、ひときわ強く奥まで突き通してやる。
ともよの締め付けが強くなる。
ともよ「もう……許して……」
ともよ「あひぃっ、あうぅっ、あうっ、あうっんん!!…んん、んっっ!ああ、あああ…」
男は容赦なく胸を弄るともよのやわらかな胸が様々な形に変形する。
腰と腰がぶつかる。
ともよの乳房を鷲づかみにしてぐにゅぐにゅと揉んだ。
ともよを屈服させるように激しく出し入れを繰り返した。
クニュクニュと腰を打ち付ける。
腰を持ち上げて、ひときわ強く奥まで突き通してやる。
男は、ともよを激しく突く。
尖った乳首が、ブルブルっと震える。
綺麗なオ○ンコを、荒々しい男のチンポが犯していく。
とろり……いやらしい汁の飛び散る音がする。
ともよの中に男のチ○コが根元まで沈み、そして引き出される。
ともよの体を大きく揺する。
突き入れるたびに大量の愛液が飛沫となって飛び散る。
深く突き入れられ子宮が刺激される。
柔らかな尻を抱えて、さらに奥へと挿入をする。
ともよ「んッ、届いちゃう!!」
ともよ「もう……許して……」
小刻みに出たり入ったりしている結合部に透明な愛液が一筋、トロリと垂れる。
肉棒の先に、吸い付くようなまとわり付くようなキツい粘膜の感触。
男は獣のように腰を振り続ける。
ともよの腰をガシッと掴む。
結合部分からぐちゅぐちゅといやらしい音が漏れる。
ゆっくりと挿入を繰り返す。
肉の感触が先端にまとわり付く。
ともよの内部が激しく蠢動する。
男は腰を回転させ、速度を変えながらともよを攻め立てる。
ともよの内部を乱暴にかき回す。
大量の愛液がクリ○リスの下あたりから吹き出してくる。
男のチ○コを強烈な締め付けが襲ってくる。
男の腰が激しくぶつかり、淫音が空間を支配する。
じゅぽじゅぽと大きな音を立てて、ともよの乳首を吸いまくると、そのたびに乳首はプルプルっと小さく震える。
容赦なく肉棒が送出を繰り返す。
ともよ「いや!!……駄目……」
奥まで入り込んだチ○コの先端に硬い感触が当たる。
肉の感触が先端にまとわり付く。
激しいピストンでオ○ンコをかき回される。
男「もうイク……イク……ウ!!」
男「出すぞ……」
男「い……イク!!」
ともよ「でっ、出てる!私の中に~~~~~~~っ!」
男の精液が子宮に注がれる。
ともよ「…まだ…入ってくる」
チ○コの先から、ともよの子宮に向かってダイレクトに精液が流れ込む。
膣内の奥深くへと突き刺さるチ○コから迸る液体。
熱い塊が最奥へと送り込まれていく。
大量の射精がともよのオ○ンコを満たし、そして子宮内部に溢れていく。
ともよ「き…きてる……私の中に……」
ともよの胎内にに白濁の液が撒き散らされていく

名前も知らないあの子と

>>名前も知らないあの子と 立読みはこちら

*「コミスト」トップページに飛びます、名前も知らないあの子とにて検索して下さい。