人妻の秘めゴト ネタバレ

    

人妻の秘めゴト  作者:ロケットモンキー

■あらすじ

社内で男女問わず憧れの的である、キャリアウーマンのシズカ主任

それは表の顔で 実は課長にオマンコをさらけ出す専用の肉便器だった

旦那である、ナツキの失敗を隠ぺいしてもらう代わりに

課長の言うがままの状況になっていたのだった

今日も、彼女は就業時間中に課長の部屋で手マンされていた

執拗な手マンにこらえていたが、弱い部分を責められてしまい・・・

>>人妻の秘めゴト 立読みはこちら

*「コミスト」トップページに飛びます、人妻の秘めゴトにて検索して下さい。

■人妻の秘めゴト 妄想ネタバレ

チ○コを一気にのど奥まで咥える。
みずき「くッ、んッ、ぴちゃ、ちゅ、んっ……はぁ、はぁ、っ……あ、ん……っ……」
みずき「ああ、あああ…ぁぁ…ぁあ…んん…ああ…」
みずき「んッ、ちゅ、ちゅぱッ、ぁむ……ん……美味しいです……ぁんッ……」
太一「ん、いいぞ……玉の裏辺りも触ってくれ」
みずき「ちゅっ……ん、あっ……ちゅぱ……あ……すごく、硬くて熱い……ぁむん……」
みずき「……はむぅ、ちゅっ、くちゅ、ん、むぅ、あん……」
みずき「……はむぅ、ちゅっ、くちゅ、ん、むぅ、あん……」
みずき「エッチな匂い……すごく、かたい……はぁ、んむ……ちゅぱ、ぁむ……」
口とペニスの隙間から、声が漏れる。
みずきは、ぺちゃぺちゃと音を立ててチ○コを丁寧に舐めている。
どんどん舐め方を変えていく。
どんどん舐め方を変えていく。
みずき「んっ……むぅ……や、んっ……は、恥ずかしい……」
みずき「ちゅっ……ん、あっ……ちゅぱ……あ……すごく、硬くて熱い……ぁむん……」
みずき「んっ……むぅ……や、んっ……は、恥ずかしい……」
みずきは、ぺちゃぺちゃと音を立ててチ○コを丁寧に舐めている。
みずき「ちゅっ……ん、あっ……ちゅぱ……あ……すごく、硬くて熱い……ぁむん……」
みずき「んッ、ちゅ、ちゅぱッ、ぁむ……ん……美味しいです……ぁんッ……」
みずき「あぁ、んふぅ、ぅん、む、んっ……」
みずき「ん~っ、ん~っ、ん~っ!もう、そこは…ふぁあぁぁぁ…う…う…う…あ、あ、あぁ…」
みずきの前後する頭を見ていると、さらに欲望が股間に集まっていく気がする。
ペニスはどんどん大きくなり、喉の奥で反り返っていくのが分かった。
みずきは、ぺちゃぺちゃと音を立ててチ○コを丁寧に舐めている。
みずき「はい……んちゅ、んっ……ふぅ、むっ、ぁうう、んん……」
みずき「んっ……むぅ……や、んっ……は、恥ずかしい……」
みずき「んんん…ああ…あう…あ…あう…は…ああ…んんン~~っ!もう、そこは…」
みずきの暖かな口内に更なる刺激を受ける。
みずき「んっ……むぅ……や、んっ……は、恥ずかしい……」
どんどん舐め方を変えていく。
ペニスはどんどん大きくなり、喉の奥で反り返っていくのが分かった。
みずきの暖かな口内に更なる刺激を受ける。
みずきの前後する頭を見ていると、さらに欲望が股間に集まっていく気がする。
みずきの暖かな口内に更なる刺激を受ける。
どんどん舐め方を変えていく。
みずき「エッチな匂い……すごく、かたい……はぁ、んむ……ちゅぱ、ぁむ……」
みずき「エッチな匂い……すごく、かたい……はぁ、んむ……ちゅぱ、ぁむ……」
みずき「んっ……むぅ……や、んっ……は、恥ずかしい……」
みずき「ぁむ……ん、ふ、ちゅぱ、んん、ちゅ……あ……」
時折のどの奥の方まで到達するがみずきは必死で堪える。
ペニスはどんどん大きくなり、喉の奥で反り返っていくのが分かった。
みずきの暖かな口内に更なる刺激を受ける。
時折のどの奥の方まで到達するがみずきは必死で堪える。
みずき「エッチな匂い……すごく、かたい……はぁ、んむ……ちゅぱ、ぁむ……」
太一「そう、だ……同じところばかりじゃ駄目だ」
みずき「くッ、んッ、ぴちゃ、ちゅ、んっ……」
口とペニスの隙間から、声が漏れる。
みずき「ぁむ……ん、ふ、ちゅぱ、んん、ちゅ……あ……」
チ○コを一気にのど奥まで咥える。
みずきは、ぺちゃぺちゃと音を立ててチ○コを丁寧に舐めている。
チ○コを一気にのど奥まで咥える。
みずき「はい……んちゅ、んっ……ふぅ、むっ、ぁうう、んん……」
みずき「んああ…ん…あひぃっ、く…う…~~~~~~~~~っ!!」
みずき「はい……んちゅ、んっ……ふぅ、むっ、ぁうう、んん……」
みずき「んっ、んむっ、ん、はぁ……ん、ちゅっ、あ、んっ……」
みずき「……はむぅ、ちゅっ、くちゅ、ん、むぅ、あん……」
みずきは、ぺちゃぺちゃと音を立ててチ○コを丁寧に舐めている。
みずき「ぁむ……ん、ふ、ちゅぱ、んん、ちゅ……あ……」
太一「よし……いくぞ……いく……」
太一「……くっ」
太一「そろそろ……出すぞ」
喉に直接流し込まれる精液に耐え切れずに顔を離そうとするみずきの頭を押さえつける。
先端が喉にあたってみずきはむせた。
ドピュ、ドピュ、ドピュ……。
ドピュ、ドピュ、ドピュ……。
濃厚な味と臭いの熱い精液がみずきの口内へとぶちまけられる。
みずき「お……えっ……」
濃厚な味と臭いの熱い精液がみずきの口内へとぶちまけられる。
みずきにチ○コを[咥えさせる。
ビュル、ビュルルルルルッ。
灼熱を孕んだ精液が、みずきの口内に降り注ぐ。
すさまじい量の精液が唇の奥へと流れ込む。

>>人妻の秘めゴト 立読みはこちら

*「コミスト」トップページに飛びます、人妻の秘めゴトにて検索して下さい。