ノラネコ少女との暮らしかた ネタバレ

    

ノラネコ少女との暮らしかた  作者:シイナ

■あらすじ

ある晩敦尭の部屋に、見知らぬJK美鶴がやってくる

互いの母親同士が知り合いで、困ったときは助け合おうと

約束していたらしいが、互いの母も他界している状況ではあるが

ノラネコ少女との暮らしかた

身寄りのないJK美鶴に同情して、しばらく同居することになる。

食事の支度等はしてくれるものの、全く顔を見せない美鶴に

苛立ちを感じている、敦尭

そんなある日、敦尭が泥酔したまま帰ってくるとそこには半裸の美鶴が・・・

ノラネコ少女との暮らしかた

>>ノラネコ少女との暮らしかた 立読みはこちら

*「コミスト」トップページに飛びます、ノラネコ少女との暮らしかたにて検索して下さい。

ノラネコ少女との暮らしかた

■ノラネコ少女との暮らしかた 妄想ネタバレ

美鶴「くッ、んッ、ぴちゃ、ちゅ、んっ……」
美鶴は、ぺちゃぺちゃと音を立ててチ○ポを丁寧に舐めている。
敦尭「そんなしゃぶり方じゃまだまだ」
美鶴「んっ、んむっ、ん、はぁ……ん、ちゅっ、あ、んっ……」
どんどん舐め方を変えていく。
美鶴「ふぁあ、う、ちゅっ……んッ、あ、むぅ……ちゅぱっ、ぁッ、ん、っ……」
美鶴「んくッ、ちゅ、ちゅぱ、ッ……んん……ぁふ…………」
どんどん舐め方を変えていく。
敦尭「ん、いいぞ……玉の裏辺りも触ってくれ」
どんどん舐め方を変えていく。
時折のどの奥の方まで到達するが美鶴は必死で堪える。
美鶴「ちゅっ……ん、あっ……ちゅぱ……あ……すごく、硬くて熱い……ぁむん……」
くわえながら、舌で尿道を刺激する。
敦尭「そうだ、丁寧に舐めるんだぞ……」
美鶴「はい……んちゅ、んっ……ふぅ、むっ、ぁうう、んん……」
美鶴「あぁ、んふぅ、ぅん、む、んっ……」
チ○ポを一気にのど奥まで咥える。
美鶴の前後する頭を見ていると、さらに欲望が股間に集まっていく気がする。
美鶴「ぁむ……ん、ふ、ちゅぱ、んん、ちゅ……あ……」
美鶴「もっと、くわえた方が良いですか? んッ……ちゅ……ぅむ……」
美鶴「んッ、ちゅ、ちゅぱッ、ぁむ……ん……美味しいです……ぁんッ……」
ペニスはどんどん大きくなり、喉の奥で反り返っていくのが分かった。
美鶴「んん、んっっ!あ…あ…いや…」
敦尭「そう、だ……同じところばかりじゃ駄目だ」
ペニスはどんどん大きくなり、喉の奥で反り返っていくのが分かった。
時折のどの奥の方まで到達するが美鶴は必死で堪える。
敦尭「そんなしゃぶり方じゃまだまだ」
美鶴「んッ、ちゅ、ちゅぱッ、ぁむ……ん……美味しいです……ぁんッ……」
美鶴「んッ、ちゅ、ちゅぱッ、ぁむ……ん……美味しいです……ぁんッ……」
美鶴「くッ、んッ、ぴちゃ、ちゅ、んっ……はぁ、はぁ、っ……あ、ん……っ……」
美鶴は、ぺちゃぺちゃと音を立ててチ○ポを丁寧に舐めている。
口とペニスの隙間から、声が漏れる。
美鶴「んっ……むぅ……や、んっ……は、恥ずかしい……」
美鶴の前後する頭を見ていると、さらに欲望が股間に集まっていく気がする。
美鶴「もっと、くわえた方が良いですか? んッ……ちゅ……ぅむ……」
美鶴「エッチな匂い……すごく、かたい……はぁ、んむ……ちゅぱ、ぁむ……」
敦尭「そう、だ……同じところばかりじゃ駄目だ」
美鶴の前後する頭を見ていると、さらに欲望が股間に集まっていく気がする。
敦尭「そう、だ……同じところばかりじゃ駄目だ」
くわえながら、舌で尿道を刺激する。
美鶴「ちゅっ……ん、あっ……ちゅぱ……あ……すごく、硬くて熱い……ぁむん……」
敦尭「そんなしゃぶり方じゃまだまだ」
美鶴の暖かな口内に更なる刺激を受ける。
ペニスはどんどん大きくなり、喉の奥で反り返っていくのが分かった。
美鶴「んッ、ちゅ、ちゅぱッ、ぁむ……ん……美味しいです……ぁんッ……」
美鶴「んっ、んむっ、ん、はぁ……ん、ちゅっ、あ、んっ……」
敦尭「そう、だ……同じところばかりじゃ駄目だ」
美鶴「んっ……むぅ……や、んっ……は、恥ずかしい……」
美鶴「くッ、んッ、ぴちゃ、ちゅ、んっ……はぁ、はぁ、っ……あ、ん……っ……」
敦尭「そう、だ……同じところばかりじゃ駄目だ」
敦尭「ん、また乳首が立っているな。舐めてるだけで感じてきたか?」
美鶴「はい……んちゅ、んっ……ふぅ、むっ、ぁうう、んん……」
くわえながら、舌で尿道を刺激する。
どんどん舐め方を変えていく。
美鶴「あぁ、んふぅ、ぅん、む、んっ……」
美鶴「あぁ、んふぅ、ぅん、む、んっ……」
くわえながら、舌で尿道を刺激する。
美鶴「あぐ…ん、んはぁ…ぁぁ…ぁあ…」
チ○ポを一気にのど奥まで咥える。
美鶴は、ぺちゃぺちゃと音を立ててチ○ポを丁寧に舐めている。
美鶴は、ぺちゃぺちゃと音を立ててチ○ポを丁寧に舐めている。
美鶴は、ぺちゃぺちゃと音を立ててチ○ポを丁寧に舐めている。
美鶴「んっ……むぅ……や、んっ……は、恥ずかしい……」
敦尭「いくぞ…いくぞ……いく!!」
敦尭は抜き出したチ○ポを美鶴に咥えさせる。
敦尭「……くっ」
美鶴「あ……」
美鶴「んっ……ノドに絡み付いて……」
ビュル、ビュルルルルルッ。
美鶴「ごくん……」
すさまじい量の精液が唇の奥へと流れ込む。
喉の奥に敦尭の精液が流れ込む。
精子の味と香りが口の中いっぱいに広がっていく。
精液の臭いが口から鼻へと抜ける。
精液の臭いが口から鼻へと抜ける。
美鶴「ちゅっ……ちゅぱ……んぁ…あむ…」
美鶴「ちゅっ……ちゅぱ……んぁ…あむ…」

ノラネコ少女との暮らしかた

>>ノラネコ少女との暮らしかた 立読みはこちら

*「コミスト」トップページに飛びます、ノラネコ少女との暮らしかたにて検索して下さい。