コウカン──あの時…アノ娘とイッてたら── ネタバレ

    

コウカン──あの時…アノ娘♀とイッ♂てたら──  作者:桂あいり
■あらすじ

「あの日、あの娘と付き合っていたら……どうなっているのか」

主人公の公太は、紆余曲折を経て付き合い始めた幼馴染みの葵と、平凡な日々を過ごしていた。

コウカン──あの時…アノ娘とイッてたら──

 

しかし、気になるのが過去に告白された後輩の沙織。

そんなある日突然、彼は「沙織を選んだ世界」へ迷い込んでしまう。

別世界の自分は、別人のようにふるまい、驚くべきことに沙織はM調教されていた!

そして、公太はもう一人の自分から入れ替わりを提案される。

カラミざかりで大人気の桂あいりの彼女交換問題作。

 

コウカン──あの時…アノ娘とイッてたら──

■管理人コウカン──あの時…アノ娘♀とイッ♂てたら── 妄想ネタバレ

肉の感触が先端にまとわり付く。

沙織「あ…あ…あぁぁぁ…ぁ、あぅっ!」

ちょっと角度を変えて、肉棒を突き立てる。

沙織の膣への入り口は柔らかくほころび、とろとろと官能の蜜を溢れさせている。

激しい伸縮を繰り返す沙織の膣内。

公太は、一心に腰を振る。

腰を時計回りに回す。

公太は沙織の尻を掴んで強制的に自分に引き寄せる。

無理やり抑えつけられ、乳房を掴まれる。

大量の愛液が沙織の太股を伝う。

むきだしになった沙織の割れ目に肉棒をあてがう。

カリの尖端が奥深く入り込むと、沙織の股間が一段と広がり肉襞がめくれ上がった。

沙織は身体中をこわばらせながら、真っ赤な顔で激しく首を横に振る。

ゆっくりと挿入を繰り返す。

沙織「んん!!んん―――っ?!は…うう…」

腰と腰がぶつかる。

<onnnaseiki>から愛液が噴水のように吹き出る。

上り詰めそうになったら速度を落とし、引いてきたら激しく突くを繰り返す。

容赦なく肉棒が送出を繰り返す。

公太のチ○ポを強烈な締め付けが襲ってくる。

公太のチ○ポに肉襞がネットリとからみ付く。

公太「いい締りだな……」

公太は、沙織の胸を強く押さえ込んで、身体を引き寄せる。

沙織の身体が弾けて、のけぞる。

男女の結合の音が空間に満ちる。

腰を持ち上げて、ひときわ強く奥まで突き通してやる。

沙織が腰をよじる。

<onnnaseiki>はきつい収縮を繰り返し、みっちりと締め付けてくる。

より深い結合を追い求める。

公太「出すぞ……」

公太「そろそろ……出すぞ」

公太「もう……イク!!」

公太「出すぞ……」

沙織の中に、とくとくと熱いものが注ぎ込まれる」

公太のチ○ポが脈打つたびに、大量の精液が送りこまれていく。

体の中に、熱い塊が放出されていく。

公太「熱いのを注いでやる」

体内に放たれたそれは、どんなに拒絶しても、自分を妊娠させるためにどんどん奥へと侵食する。

どんなに拒否しても、注ぎ込まれ始めたら逃れる術は無い。

熱い迸りが沙織の中に注ぎ込まれる。

大量の射精が沙織のオマ○コを満たし、そして子宮内部に溢れていく。

沙織「……妊娠……いや…ああ…あ…」

沙織の中に、とくとくと熱いものが注ぎ込まれる」

コウカン──あの時…アノ娘とイッてたら──

 

>>コウカン──あの時…アノ娘♀とイッ♂てたら── 立読みはこちら

*「コミスト」トップページに飛びます、コウカン──あの時…アノ娘♀とイッ♂てたら──にて検索して下さい。