ギャルJK競水メイドさーびす ネタバレ

    

ギャルJK競水メイドさーびす  作者:L.G.C. (リブユウキ)

■あらすじ
登場人物
灰村レン 主人公
真面目な性格だが、実は巨根
背が低いので、見た目可愛らしい

ギャルJK競水メイドさーびす ネタバレ

ギャルJK競水メイドさーびす

黒瀬サキ
レンの幼馴染で、2歳上の巨乳お姉さん
レンを普段から可愛がっており、180㎝の高身長

白藤アヤ
レンのクラスメイト
からかい上手なギャルだが、料理は得意

両親旅行中の家に、レンが帰宅すると出迎えたのはメイド服を着たクラスメイトのアヤ

驚きながら家に入ると、奥にはサキ姉が水着姿でお出迎え・・・

両親のいない3日間、レンははサキとアヤのご主人様になり至れり尽くせりの展開に

ギャルJK競水メイドさーびす

■管理人ネタバレ

幼馴染の巨乳お姉さん、いい響きですね 笑

管理人もこんなハイスペックな、幼馴染やクラスメイト欲しかったです

巨乳、コスプレ、3P、ショタと楽しめるエロコミックです

■ギャルJK競水メイドさーびす妄想ネタバレ

抜けてしまう寸前までチ○ポを引き、そして再びゆっくりと埋没させていく。
サキは唇を噛み締め、身体中をブルブル震わせる。
サキの膣への入り口は柔らかくほころび、とろとろと官能の蜜を溢れさせている。
サキ「そんな…ああ…んっ、んんんっ!ん…ああ…」
サキのオマ○コが、レンのチ○ポを絞り上げる。
無理やり抑えつけられ、激しく乳房を掴まれる。
愛液がレンの腹の上にとろりと流れる。
柔らかい膣内でレンのチ○ポが締め付けられる。
オマ○コから愛液が噴水のように吹き出る。
ゆっくり前後し、埋めたまま腰を回す。
レンはチ○ポを根元まで挿入し、そしてカリの部分まで引き抜くという動作をゆっくりと繰り返す。
サキを屈服させるように激しく出し入れを繰り返した。
サキの膣内の心地よい締め付けが、じんわりとレンを押し包む。
男女の結合の音が空間に満ちる。
サキ「ああ…ん~~~~~~~っ?!ああ…ん…く…う…」
上り詰めそうになったら速度を落とし、引いてきたら激しく突くを繰り返す。
レンがサキを押さえつけて強引に腰をふる。
レンは腰を突き出した。
サキの膣内の締め付けは強烈にレンを押さえつけて離さない。
サキのオマ○コは大変な名器のようだった。
鈍い突き上げがオマ○コを刺激する。
サキのオマ○コは大変な名器のようだった。
サキの中にズブリと割り込む。
サキが腰をよじる。
透明な愛液がオマ○コからレンとの間に糸を引いて伸びる。
ズブズブとレンのチ○ポが入っていく。
レンはサキの尻を掴んで強制的に自分に引き寄せる。
ビクンッ! サキは身体を大きく跳ねさせる。
サキの中にズブリと割り込む。
膣内は激しい伸縮を繰り返す。
二人の接合部からは卑猥で粘着質のある水音がぐっちょりと練りあがる。
オマ○コはきつい収縮を繰り返し、みっちりと締め付けてくる。
厳しい締め付けと、蠢くような膣圧、徹底的に快感を与えようとする肉壁。
サキの膣内の心地よい締め付けが、じんわりとレンを押し包む。
恥骨がチ○ポに強く押し付けられる。
サキ「ああああ!。凄い、届いてる、届いちゃってるぅぅ!!」
深く突き入れられ子宮が刺激される。
サキの体に、ずん、と衝撃が走る。
男女の結合の音が空間に満ちる。
単調な腰の動きに時々、違う方向への突きを加える。
結合部から溢れる水音の粘着性が増していく。
サキの膣肉がねちょねちょと蠢動するのが分かる。
サキの体が小刻みにヒクヒクと揺れる。
サキの腰を掴み、力任せに引き寄せる。
結合部から溢れる水音の粘着性が増していく。
腰と腰がぶつかる。
レン「このまま…もう…」
サキ「うん、いいよ。中に出して」
レン「……うっ」
心地よい痺れがチ○ポに集まってくる。
レン「もう……イク!!」
サキ「凄い、ビクビクしてる…」
二人の結合部から白濁の液体が溢れ出てきた。
中出しの衝撃に意識が飛び始めて、快楽の真底に落ち始める。
ビュクン。
ビュク、ビュク、ビュク、ビュク…。
サキ「ああ……流れ込んで……熱いものが……たくさん」
サキ「凄い、ビクビクしてる…」
サキ「今日出されたら……出来ちゃうかもね」
サキ「ああ……流れ込んで……熱いものが……たくさん」
体の中に、熱い塊が放出されていく。
膣内の奥深くへと突き刺さるチ○ポから迸る液体。

ギャルJK競水メイドさーびす ネタバレ

ギャルJK競水メイドさーびす

>>ギャルJK競水メイドさーびす 立読みはこちら

*「ギャルJK競水メイドさーびす」詳細ページに飛びます