というわけで、全裸で母さんにお願いしてみた。ネタバレ

    

というわけで、全裸で母さんにお願いしてみた。  作者:フリーハンド魂

■あらすじ

学校は何とか卒業したものの、定職にはつかずフリーターの信敬

そんな彼は、息子を心配して様子をたまに見に来る母に女を感じ始めていた。

軽いスキンシップでごまかしてはいたが、この頃はそれでは収まりがつかなくなってきた

母に対して乱暴するのは気が引けたので、全裸でお願いする信敬

当然了承するはずもない提案だったが、ゴネまくった結果母も折れて

手コキだけならしてもらえることに、長年の夢がかなった信敬は

勢い余って母の顔にまで精子を飛ばしてしまう

>>というわけで、全裸で母さんにお願いしてみた。 立読みはこちら

*「コミスト」トップページに飛びます、というわけで、全裸で母さんにお願いしてみた。にて検索して下さい。

■というわけで、全裸で母さんにお願いしてみた。 妄想ネタバレ

じゅぽじゅぽと大きな音を立てて、母さんの乳首を吸いまくると、そのたびに乳首はプルプルっと小さく震える。
信敬が母さんを押さえつけて強引に腰をふる。
ペースを落として腰を前後する。
母さんの身体をユサユサと振って、いちばん奥へ当てる。
無理やり抑えつけられ、ゆっくりと乳房を掴まれる。
結合部がぐちょぐちょと音を立てる。
母さんの膣肉がぐっちょりと蠢動するのが分かる。
二人の間で緩慢に出し入れされる肉棒が見え隠れする。
オ○ンコはきつい収縮を繰り返し、みっちりと締め付けてくる。
容赦なく肉棒が送出を繰り返す。
オ○ンコを信敬のチ○コが往復する。
ズブズブと信敬のチ○コが入っていく。
母さんは大きく身体をのけぞらせ、ビクンビクンと腰を震わせた信敬は強制的なピストン運動を送り込む。
押し返すような感触。
母さんの足を広げてチ○コを沈めていく。
母さんのぐっちょりに濡れそぼったオマ○コの中に肉棒を埋もれる。
オ○ンコはきつい収縮を繰り返し、みっちりと締め付けてくる。
母さん「はぁあ、あ、あ、あっん~っ、ん~っ、ん~っ!ん、んはぁ…ふぅぅ…!」
信敬は舌先が軽く触れる程度の圧力で母さんの首筋に舌を這わせた。
腰を何度も突き上げる。
敏感な部分を擦り付けられて母さんのオ○ンコの湿り気が増してくる。
肉のきしむ感覚。
鈍い突き上げがオ○ンコを刺激する。
信敬は腰を回転させ、速度を変えながら母さんを攻め立てる。
母さんの乳首はビンビンになっている。
ゆっくり前後し、埋めたまま腰を回す。
母さんの膣内の心地よい締め付けが、じんわりと信敬を押し包む。
母さんのオ○ンコの締め付けの強弱が変動する。
信敬は思いっきり腰を引いて、音がするほどに強く母さんの腰に打ちつけた。
男女の結合の音が空間に満ちる。
ズブズブと信敬のチ○コが入っていく。
母さんの締め付けが強くなる。
オ○ンコを信敬のチ○コが往復する。
二人の結合部からは湿った音が響き始める。
より深い結合を追い求める。
母さんは身体中をこわばらせながら、真っ赤な顔で激しく首を横に振る。
信敬が母さんを押さえつけて強引に腰をふる。
結合部から大量の愛液が溢れる。
母さん「ひゃふぅ…っ?!もう…だめ…」
身体をビクンッと揺する。
母さん「もう…だめ…そっ、そこは…っ?!は…ん、んはぁ…ぁ、あぅっ!」
母さんの体を大きく揺する。
信敬の信敬が緩急を付けて送出される。
大量の愛液が母さんの太股を伝う。
信敬は腰を回転させ、速度を変えながら母さんを攻め立てる。
濡れそぼった肉を蹂躪する。
母さんの身体の奥の奥まで、チ○コをぐにゅぐにゅと押し込んだ。
膣壁を感じながら、チ○コを子宮の入り口まで押し込んだ。
二人の結合部からは湿った音が響き始める。
グイと腰を突き込むと、肉のきしむ感覚がチ○コに伝わる。
愛液が信敬の腹の上にとろりと流れる。
母さんの膣肉がとろりと蠢動するのが分かる。
転げ落ちるように快楽の穴底へと向かっていく。
母さんの表情に苦悶が表れる。
ゆっくりとしたペースで送出を繰り返す。
母さんの膣肉がぐちょぐちょと蠢動するのが分かる。
体は汗と母さんの愛液にまみれて、しっとりと湿る。
ゆっくり前後し、埋めたまま腰を回す。
大量の愛液が母さんの太股を伝う。
腰の突きを強くする。
信敬のチ○コを強烈な締め付けが襲ってくる。
信敬「よし……いくぞ……いく……」
信敬「中に出すよ…」
母さん「きて、中にいっぱい頂戴!」
信敬「中に出すよ…」
母さん「きて、中にいっぱい頂戴!」
信敬「よし……いくぞ……いく……」
子宮までの空洞を、精液が埋め尽くす。
母さん「出てる……凄い……凄い量が出てる」
母さん「……どんどん……入ってくるよ!
どく……どく……どく……。
信敬の腰が母さんの腰に密着したまま痙攣する。
母さんの尻に男の腰が何度となく打ち付けられる。
母さん「ああ…………」
母さん「あああ……いっぱいになっちゃう」
母さん「んん!!」
ドピュゥ、ドピュゥ、ドピュゥ。
ビュルル、ビュル、ビュルルルル。
ビュルルルル。

>>というわけで、全裸で母さんにお願いしてみた。 立読みはこちら

*「コミスト」トップページに飛びます、というわけで、全裸で母さんにお願いしてみた。にて検索して下さい。