お母さん?それとも…娘?-どっちつかずの純愛性活- ネタバレ

    

お母さん?それとも…娘?-どっちつかずの純愛性活-  作者:ロケットモンキー

■あらすじ

近所に住むサラリーマンのタケオが、しょぼくれて居るのが気になる ツキコとアカネ母娘

母のツキコは、アカネの居ない日を見計らって口実を付けタケオの部屋に向かう。

堅物すぎるとの理由で、彼女に振られたと打ち明けられたツキコはタケオを慰めるが

お酒が入っていたこともあり、タケオに胸がくっつきすぎてしまう

タケオは、巨乳のツキコを見て我慢できずに・・・

>>お母さん?それとも…娘?-どっちつかずの純愛性活- 立読みはこちら

*「コミスト」トップページに飛びます、お母さん?それとも…娘?-どっちつかずの純愛性活-にて検索して下さい。

■お母さん?それとも…娘?-どっちつかずの純愛性活- 妄想ネタバレ

愛液を溢れだす。
ツキコのねちょねちょに濡れそぼったオマ○コの中に肉棒を埋もれる。
ツキコは身体を小刻みに震えさせる。
ズンと突く。
○ンコから愛液が噴水のように吹き出る。
厳しい締め付けと、蠢くような膣圧、徹底的に快感を与えようとする肉壁。
結合部がずぷぷぷと音を立てる。
ツキコの体がびくびくと跳ね上がる。
タケオはツキコの体を跳ね上げるように腰を突き出す。
雁首が子宮に当たる。
結合部から大量の愛液が溢れる。
ツキコを屈服させるように激しく出し入れを繰り返した。
腰を時計回りに回す。
タケオが腰を動かすたびにツキコはか細い声をあげ、逃れるように白い体をうねらせる。
ゆっくりと挿入を繰り返す。
腰と腰がぶつかる。
きゅきゅっと膣が締まる。
ツキコは身体を小刻みに震えさせる。
ビクンッ! ツキコは身体を大きく跳ねさせる。
腰の突きを強くする。
タケオは、ツキコの胸を強く押さえ込んで、身体を引き寄せる。
強引な送出が快楽中枢を強制的に刺激する。
タケオは自分の大きなチ○ポを根元まで挿入し、そしてカリの部分まで引き抜くという動作を激しく繰り返した。
ツキコ「あうぅっ、あうっ、あうっん…」
タケオのチ○ポがピンクの入り口に吸い込まれていく。
鈍い突き上げが○ンコを刺激する。
むきだしになったツキコの割れ目に肉棒をあてがう。
タケオが腰を動かすたびにツキコはか細い声をあげ、逃れるように白い体をうねらせる。
ツキコの腰をグイグイと掴む。
より深い結合を追い求める。
ぐりんぐりんと激しく回転運動を行う。
腰を時計回りに回す。
深く突き入れられ子宮が刺激される。
二人の間でチ○ポが見え隠れする。
奥まで入り込んだチ○ポの先端に硬い感触が当たる。
愛液を溢れだす。
チ○ポの動きにツキコの意識が翻弄される。
ツキコは声をあげる。
ツキコの体がびくびくと跳ね上がる。
結合部から溢れる湿った音が辺りに響く。
ツキコ「あぐ…ひいっ、ああんっもう、そこは…あひぃっ、…ああう!」
ツキコの拒絶を無視して、タケオは自分のチ○ポを熱い○ンコの中に埋没させていく。
タケオはツキコの腰元を掴むと自分の腰の動きに合わせてツキコの体を揺さぶった。
より深い結合を追い求める。
タケオは獣のように腰を振り続ける。
タケオの腰が激しくぶつかり、淫音が空間を支配する。
タケオが容赦ない突き上げを食らわす度に、ツキコの乳房が跳ねる。
結合部分からずぷぷぷといやらしい音が漏れる。
濡れそぼった肉を蹂躪する。
ツキコは唇を噛み締め、身体中をブルブル震わせる。
膣内は激しい伸縮を繰り返す。
肉のきしむ感覚。
ツキコの身体をユサユサと振って、いちばん奥へ当てる。
ゆっくり前後し、埋めたまま腰を回す。
タケオはツキコの尻を掴んで強制的に自分に引き寄せる。
結合部から大量の愛液が溢れる。
タケオは強く腰を突き上げる。
結合部がぐっちょりと音を立てる。
ツキコの締め付けが伸縮を繰り返し、タケオのチ○ポを包み込んで脈動する。
タケオはチ○ポの抜き差しをしながら緩やかに腰を回転させる。
タケオのタケオが緩急を付けて送出される。

>>お母さん?それとも…娘?-どっちつかずの純愛性活- 立読みはこちら

*「コミスト」トップページに飛びます、お母さん?それとも…娘?-どっちつかずの純愛性活-にて検索して下さい。