お小遣い稼ぎの甘い声 ネタバレ

    

お小遣い稼ぎの甘い声  作者:花潜 (兎耳山アキジ)

■あらすじ

登場人物
ミユキ ショートカットの似合うJK

幼い顔立ちだが、肉体的には発達しておりかなりの巨乳

お小遣い稼ぎの甘い声

昔でいう、円光 今でいうパパ活をこっそりやっている 1回3万?

大人しい性格のようだが、SEXには興味深々で今回は生ハメを承諾

フェラも上手く、バキュームフェラで抜いてしまう程

シンヤ
スケベな中年オヤジで、JKのミユキ相手にパパ活の常習者

今回は、初のミユキとの生ハメに嬉しさを隠しきれずにハッスル

■管理人ネタバレ

いやあ、この子真面目な顔して裏ではかなりエグイことしてますね

パパ活で生ハメOKとかフェラのシーンでは結構手慣れてますね

その割には、1回3万円と言うのは良心的?ですかね

ただ言えることは、女は怖い

この子も明日になれば、何食わぬ顔して登校するんでしょうね

■お小遣い稼ぎの甘い声 妄想ネタバレ
腰を時計回りに回す。
子宮口まで一気に貫いた。
恥骨がチ○ポに強く押し付けられる。
シンヤは、ミユキを激しく突く。
ゆっくりと腰を突き出す。
ミユキのオマ○コは大変な名器のようだった。
結合部から大量の愛液が溢れる。
シンヤの太いオマ○コが、子宮を直撃する。
大量の愛液がミユキの太股を伝う。
シンヤは自分の大きなチ○ポを根元まで挿入し、そしてカリの部分まで引き抜くという動作をゆっくりと繰り返した。
深く突き入れられ子宮が刺激される。
ゆっくりとしたペースで送出を繰り返す。
肉の感触が先端にまとわり付く。
より深い結合を追い求める。
シンヤが容赦ない突き上げを食らわす度に、ミユキの乳房が跳ねる。
グッと腰を打ち付ける。
二人の接合部からは卑猥で粘着質のある水音がぐっちょりと練りあがる。
ミユキの体が小刻みにヒクヒクと揺れる。
ミユキの内部が強く蠢動する。
突き入れるごとに飛沫のような粘液がミユキのオマ○コから吹き出す。
シンヤが容赦ない突き上げを食らわす度に、ミユキの乳房が跳ねる。
深く突き入れられ子宮が刺激される。
チ○ポが子宮に当たる。
シンヤが腰を動かすたびにミユキはか細い声をあげ、逃れるように白い体をうねらせる。
ゆっくりと腰を突き出す。
激しい伸縮を繰り返すミユキの膣内。
ミユキ「ああああ!。凄い、届いてる、届いちゃってるぅぅ!!」
シンヤのチ○ポを受け入れ、感じ始めるたことを心では認められなくても体は反応してしまう。
望まない刺激が、ミユキの中心を激しく揺さぶりつづける。
くちゃり……いやらしい汁の飛び散る音がする。
尖った乳首が、ブルブルっと震える。
深く突き入れられ子宮が刺激される。
ミユキの体を大きく揺する。
ミユキの膣内の心地よい締め付けが、じんわりとシンヤを押し包む。
ズンと突く。
シンヤは、一心に腰を振る。
シンヤはチ○ポの抜き差しをしながら緩やかに腰を回転させる。
シンヤの腰が激しくぶつかり、淫音が空間を支配する。
ミユキの乳首はビンビンになっている。
シンヤはミユキの耳元に軽く接吻をする。
シンヤは思いっきり腰を引いて、音がするほどに強くミユキの腰に打ちつけた。
小刻みに出たり入ったりしている結合部に透明な愛液が一筋、くちゃりと垂れる。
シンヤはミユキの尻を掴んで強制的に自分に引き寄せる。
ねちょねちょ……いやらしい汁の飛び散る音がする。
途絶えなく淫猥な結合音が響き渡る。
ミユキの拒絶を無視して、シンヤは自分のチ○ポを熱いオマ○コの中に埋没させていく。
二人の間でチ○ポが見え隠れする。
シンヤがミユキを押さえつけて強引に腰をふる。
ミユキの中が、熱く強く蠢くのが分かる。
ミユキの身体をユサユサと振って、いちばん奥へ当てる。
きゅきゅっと膣が締まる。
結合部から、おびただしい量の愛液が垂れてくる。
ミユキのオマ○コに無造作に出し入れしてやる。
シンヤ「もう……イク!!」
シンヤ「そろそろ……出すぞ」
シンヤ「もう……イク!!」
シンヤ「もうイク……イク……ウ!!」
どくん……どく……どく……。
ミユキ「妊娠してあげる……」
シンヤは子宮を叩く勢いで精液を放出した。
ビュク、ビュク、ビュク、ビュクン。
ミユキ「きて……もっと……もっとあなたの子種で満たして……」
ビュルルルル。
シンヤ「く……う……吸い出されるみたいだ……」
ミユキ「今日出されたら……出来ちゃうかもね」
ビュルル、ビュル、ビュルルルル。

お小遣い稼ぎの甘い声

>>お小遣い稼ぎの甘い声 立読みはこちら

*「お小遣い稼ぎの甘い声」詳細ページに飛びます