「抜いたら許さないから…っ」オフィスの高嶺の花はただのドスケベでした ネタバレ

    

「抜いたら許さないから…っ」オフィスの高嶺の花はただのドスケベでした  作者:錦ゆたか

■あらすじ

俺 藤崎良樹 25歳 普通のリーマン

俺の会社には、最年少で営業課長の座に就いたキャリアウーマン

「抜いたら許さないから…っ」オフィスの高嶺の花はただのドスケベでした

真壁美琴課長と言う営業部門のエースがいる

新人の俺は、仕事の内容やミスについてしばしば説教される

どちらかと言えば、煙たい存在だが・・・

美人とそのスタイルの良さに、秘かに憧れていた。

そんな、ある日出張に同行することになるがホテルの手違いにより

同室と言うハプニングが起こってしまう。

俺が、早めに仕事を切り上げて部屋に戻ると

風呂上がりの真壁課長が・・・

>>「抜いたら許さないから…っ」オフィスの高嶺の花はただのドスケベでした 立読みはこちら

*「コミスト」トップページに飛びます、「抜いたら許さないから…っ」オフィスの高嶺の花はただのドスケベでしたにて検索して下さい。

■「抜いたら許さないから…っ」オフィスの高嶺の花はただのドスケベでした 妄想ネタバレ

真壁課長のオ○ンコが、オレのチ○コを絞り上げる。
真壁課長の中にズブリと割り込む。
真壁課長の体に、ずん、と衝撃が走る。
抜いては埋め、埋めては抜くを何度も何度も繰り返す。
オレは真壁課長の耳元に軽く接吻をする。
真壁課長の身体が弾けて、のけぞる。
真壁課長「あ…あ…いや…んっ、」
ビクンッと身体を震わせて、真壁課長の動きが止まる。
速く、深く……何度もその動きを繰り返す。
真壁課長の足を広げてチ○コを沈めていく。
がっしりと腰を固定されてオレのチ○コが奥深く挿入される。
オレのチ○コを強烈な締め付けが襲ってくる。
ビクンッ! 真壁課長は身体を大きく跳ねさせる。
透明な愛液がオ○ンコからオレとの間に糸を引いて伸びる。
真壁課長の体を大きく揺する。
殆ど濡れていないオ○ンコは、それなりの抵抗感を感じるが、それがまた強く欲望を掻き立てる。
真壁課長の足を広げてチ○コを沈めていく。
脚をバタつかせる真壁課長をしっかりと捕まえ、怒張したチ○コをオ○ンコに押し付ける。
真壁課長は大きく身体をのけぞらせ、ビクンビクンと腰を震わせたオレは強制的なピストン運動を送り込む。
小刻みに出たり入ったりしている結合部に透明な愛液が一筋、ネットリと垂れる。
チ○コがその体内に侵入していることを印象づけるように、何度も最奥を叩いてやる。
結合部から溢れる湿った音が辺りに響く。
突き入れるたびに大量の愛液が飛沫となって飛び散る。
ゆっくり前後し、埋めたまま腰を回す。
殆ど濡れていないオ○ンコは、それなりの抵抗感を感じるが、それがまた強く欲望を掻き立てる。
乱暴にチ○コを奥まで突き入れる。
奥まで一気に貫き、一呼吸おいてギリギリまでチ○コを引き抜く。
ずぷぷぷと音がする。
オレが腰を動かすたびに真壁課長はか細い声をあげ、逃れるように白い体をうねらせる。
二人の結合部からは湿った音が響き始める。
オレは、真壁課長の胸を強く押さえ込んで、身体を引き寄せる。
真壁課長「ぁぁ…ぁあ…あぐっ…」
柔らかい膣内でオレのチ○コが締め付けられる。
真壁課長のオ○ンコの締め付けの強弱が変動する。
ぐちょぐちょ……いやらしい汁の飛び散る音がする。
真壁課長の表情に苦悶が表れる。
テラテラ光るチ○コが、ピンクのオ○ンコに吸い込まれ、また出てくる。
グイと腰を突き込むと、肉のきしむ感覚がチ○コに伝わる。
オレは、一心に腰を振る。
体は汗と真壁課長の愛液にまみれて、しっとりと湿る。
オレのチ○コを強烈な締め付けが襲ってくる。
強く揺さぶる。
腰と腰がぶつかる。
真壁課長の中心に弾けるような快感が押し迫る。
オレのチ○コを受け入れ、感じ始めるたことを心では認められなくても体は反応してしまう。
オレは獣のように腰を振り続ける。
真壁課長は抵抗しようとしても体に力が入らない。
二人の結合部からは湿った音が響き始める。
真壁課長が下腹部をヒクヒクさせる腹筋が痙攣するように動く。
男女の結合の音が空間に満ちる。
真壁課長の内部を乱暴にかき回す。
速く、深く……何度もその動きを繰り返す。
亀頭が内壁のヒダでごつごつと刺激される。
オレ「出る!!」
オレ「で……でる!!」
オレ「そろそろ……出すぞ」
オレ「く…そろそろ…いきそう…」
真壁課長「中に…中に出して欲しいの」
ビュクン、ビュクン、ビュクン、ビュクン、ビュクン。
真壁課長「おなかの真ん中へんが熱いよ……」
ビュビュビュビュゥゥ、ビュクン。
真壁課長「ああ……流れ込んで……熱いものが……たくさん」
真壁課長の胎内にに白濁の液が撒き散らされていく。
真壁課長の胎内にに白濁の液が撒き散らされていく。
真壁課長「ああああ……どんどん入ってくる」
ビュルル、ビュル、ビュルルルル。
真壁課長「奥に……もっと奥に出して!」

>>「抜いたら許さないから…っ」オフィスの高嶺の花はただのドスケベでした 立読みはこちら

*「コミスト」トップページに飛びます、「抜いたら許さないから…っ」オフィスの高嶺の花はただのドスケベでしたにて検索して下さい。