「夫の部下にイかされちゃう…」抗えず感じてしまう不倫妻 ネタバレ

    

「夫の部下にイかされちゃう…」抗えず感じてしまう不倫妻  作者:

■あらすじ

「クリトリス…刺激しないで…っ!」

バイブの様に舌先で、興奮で勃起した箇所を責められて…駄目、声が出ちゃう!

某飲食店で副店長として働く人妻・実花と夫はエリアマネージャーとして忙しい日々

いつしかSEXレスとなり、飲み会で体のつながりの大切さをレクチャーされた実花は

その夜、ソファで横になっていた夫に教わった様に全裸でフェラをする

しかし…そこに寝ていたのは夫の部下の一之瀬だった。

「SEXレスと聞いてましたが、奥さん意外に肉食系っすね」…

誰、この人 待って、こんなはずじゃ・・・

困惑する実花だが、先程のフェラにより勃起した一之瀬のチ○ポは収まらない

夫が眠る同じ家で、実花は一之瀬からレ○プされる…!

>>「夫の部下にイかされちゃう…」抗えず感じてしまう不倫妻 立読みはこちら

*「コミスト」トップページに飛びます、「夫の部下にイかされちゃう…」抗えず感じてしまう不倫妻にて検索して下さい。

■「夫の部下にイかされちゃう…」抗えず感じてしまう不倫妻 妄想ネタバレ

実花「んくッ、ちゅ、ちゅぱ、ッ……んん……ぁふ…………」
チ○コを一気にのど奥まで咥える。
実花「はい……んちゅ、んっ……ふぅ、むっ、ぁうう、んん……」
実花の前後する頭を見ていると、さらに欲望が股間に集まっていく気がする。
実花「ふぁあ、う、ちゅっ……んッ、あ、むぅ……ちゅぱっ、ぁッ、ん、っ……」
一之瀬「ん、また乳首が立っているな。舐めてるだけで感じてきたか?」
どんどん舐め方を変えていく。
どんどん舐め方を変えていく。
実花「……はむぅ、ちゅっ、くちゅ、ん、むぅ、あん……」
実花「んくッ、ちゅ、ちゅぱ、ッ……んん……ぁふ…………」
チ○コを一気にのど奥まで咥える。
チ○コを一気にのど奥まで咥える。
実花「……はむぅ、ちゅっ、くちゅ、ん、むぅ、あん……」
どんどん舐め方を変えていく。
一之瀬「そうだ、丁寧に舐めるんだぞ……」
一之瀬「ん、また乳首が立っているな。舐めてるだけで感じてきたか?」
一之瀬「ん、また乳首が立っているな。舐めてるだけで感じてきたか?」
実花「ふぁあ、う、ちゅっ……んッ、あ、むぅ……ちゅぱっ、ぁッ、ん、っ……」
一之瀬「そんなしゃぶり方じゃまだまだ」
くわえながら、舌で尿道を刺激する。
実花「もっと、くわえた方が良いですか? んッ……ちゅ……ぅむ……」
口とペニスの隙間から、声が漏れる。
一之瀬「ん、また乳首が立っているな。舐めてるだけで感じてきたか?」
一之瀬「そんなしゃぶり方じゃまだまだ」
ペニスはどんどん大きくなり、喉の奥で反り返っていくのが分かった。
実花「く…ひゃ…ンっ!もう、そこは…」
一之瀬「そんなしゃぶり方じゃまだまだ」
口とペニスの隙間から、声が漏れる。
一之瀬「そうだ、丁寧に舐めるんだぞ……」
実花「エッチな匂い……すごく、かたい……はぁ、んむ……ちゅぱ、ぁむ……」
実花の前後する頭を見ていると、さらに欲望が股間に集まっていく気がする。
実花「エッチな匂い……すごく、かたい……はぁ、んむ……ちゅぱ、ぁむ……」
実花「んくッ、ちゅ、ちゅぱ、ッ……んん……ぁふ…………」
くわえながら、舌で尿道を刺激する。
一之瀬「そう、だ……同じところばかりじゃ駄目だ」
実花「あぁ、んふぅ、ぅん、む、んっ……」
実花の暖かな口内に更なる刺激を受ける。
一之瀬「そうだ、丁寧に舐めるんだぞ……」
時折のどの奥の方まで到達するが実花は必死で堪える。
実花「……はむぅ、ちゅっ、くちゅ、ん、むぅ、あん……」
実花「んッ、ちゅ、ちゅぱッ、ぁむ……ん……美味しいです……ぁんッ……」
実花「んっ、んむっ、ん、はぁ……ん、ちゅっ、あ、んっ……」
実花「くッ、んッ、ぴちゃ、ちゅ、んっ……」
実花「ふぁあ、う、ちゅっ……んッ、あ、むぅ……ちゅぱっ、ぁッ、ん、っ……」
実花「んっ……むぅ……や、んっ……は、恥ずかしい……」
実花「あぁ、んふぅ、ぅん、む、んっ……」
実花「あぁ、んふぅ、ぅん、む、んっ……」
実花「あぁ、んふぅ、ぅん、む、んっ……」
実花「くッ、んッ、ぴちゃ、ちゅ、んっ……」
実花「ふぁあ、う、ちゅっ……んッ、あ、むぅ……ちゅぱっ、ぁッ、ん、っ……」
一之瀬「そうだ、丁寧に舐めるんだぞ……」
実花「んくッ、ちゅ、ちゅぱ、ッ……んん……ぁふ…………」
実花の前後する頭を見ていると、さらに欲望が股間に集まっていく気がする。
実花「あぁ、んふぅ、ぅん、む、んっ……」
一之瀬「ん、いいぞ……玉の裏辺りも触ってくれ」
実花「んん―――っ?!だめ…ん…ああ…」
くわえながら、舌で尿道を刺激する。
ペニスはどんどん大きくなり、喉の奥で反り返っていくのが分かった。
一之瀬「そうだ、丁寧に舐めるんだぞ……」
口とペニスの隙間から、声が漏れる。
一之瀬「そう、だ……同じところばかりじゃ駄目だ」
一之瀬「そんなしゃぶり方じゃまだまだ」
実花「んっ、んむっ、ん、はぁ……ん、ちゅっ、あ、んっ……」
実花「んっ、んむっ、ん、はぁ……ん、ちゅっ、あ、んっ……」
実花「ちゅっ……ん、あっ……ちゅぱ……あ……すごく、硬くて熱い……ぁむん……」
実花は、ぺちゃぺちゃと音を立ててチ○コを丁寧に舐めている。
実花「……はむぅ、ちゅっ、くちゅ、ん、むぅ、あん……」
実花「ああん…あああ…ん、うああぁぁぁ…っ」
一之瀬「もう……出る!!」
一之瀬「……うっ」
一之瀬「そろそろ……出すぞ」
一之瀬「もうイク……イク……ウ!!」
一之瀬は最奥に注ぐために強く腰を突き上げた。
実花「んん!!」
実花「いや……抜いてぇぇ!!」
実花の中に、精液がぶちまけられる。
実花「あああ……本当に……中に…」
実花「んん!!」
実花「うあ……出てる。いっぱい……」
体内に放たれたそれは、どんなに拒絶しても、自分を妊娠させるためにどんどん奥へと侵食する。
大量の精液が注入されていく。
実花「届いちゃってる……奥まで……届いちゃってる」

>>「夫の部下にイかされちゃう…」抗えず感じてしまう不倫妻 立読みはこちら

*「コミスト」トップページに飛びます、「夫の部下にイかされちゃう…」抗えず感じてしまう不倫妻にて検索して下さい。